2限 気になるお金事情

職種別のフリーランスエンジニアの年収や単価をデータに従って算出してみた

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

IT技術の発展に伴い、近年需要が高まってきているITエンジニア。

エンジニアは会社員よりフリーランスの方が高収入だと言われていますが実際のところどうなのでしょうか?

会社員として企業に勤めるエンジニアの中にも、フリーランスとして独立を考えている人は決して少なくありません。

今回はフリーランスエンジニアの収入事情についてご紹介していきます。

フリーランスエンジニアの平均収入

一口にフリーランスエンジニアといっても様々な職種があります。

そしてフリーランスの場合、得られる報酬は基本的に本人の能力に比例します。
最新の技術を習得・保有したり、高い開発能力を持つなど、需要が高い人材は高い報酬が得られます。

ここでは職種別にフリーランスエンジニアの平均年収について見ていこうと思います。

システムエンジニア

個人の裁量によって年収が変わってしまうため、金額にかなり幅がありますが求人紹介サイトのレバテックフリーランスによると、システムエンジニアの1か月の平均単価が72万円なので年収にすると平均864万円程度となります。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/pos-1/

企業に正社員として所属するシステムエンジニアの平均年収が凡そ630万円程度ですので、稼いでいる金額で言えば、やはりフリーランスの方が圧倒的に多いです。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、IT関係の職種の中でもトップレベルに生涯賃金が高い職種とされています。

こちらもレバテックフリーランスが公表しているデータを参考にすると、フリーランスの場合、平均年収は891.5万円からとなっており、ITフリーランスの中ではリーダーや管理を務めるポジションでもあるため、高度なスキルや資質を要求される分、やはり比較的高めと言えるでしょう。

参照:https://freelance.levtech.jp/guide/detail/640/

スキルや経験によっては、年収が1000万円を超えているフリーランスのプロジェクトマネージャーもおります。
プロジェクトを重ねていく毎に、経験値やスキルが高まっていくため、年齢による年収差も大きくなっていきます。

プログラマー

フリーランスのプログラマーの平均年収は、こちらも個人の能力と案件の難易度によりますが、およそ840万円程となっています。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/pos-3/

会社員のプログラマーの場合が、約400万円となっているため、こちらもやはりフリーランスの方が年収は高い傾向にあると言えるでしょう。

Webエンジニア

フリーランスのwebエンジニアの年収は、こちらもレバテックフリーランスの求人サイトを参考にすると687万円程度となっています。

会社員エンジニアの平均年収は、年齢・所属企業の規模によって異もなりますが、およそ550万円といわれていますので、他の職種と同じくフリーランスの方が基本的に稼げると言えます。

参照:https://freelance-start.com/jobs/skill-9

様々なwebシステムやメディアが登場するようになった現代において、webエンジニアは非常に需要の高い仕事です。
そのため人材不足が起きている現場も多く、フリーランスになった場合でも、高単価の仕事は得やすいと言えます。

未経験からでもwebエンジニアにチャレンジすることができますので、副業としてプログラミングからスタートするのも良いでしょう。

マークアップ/フロントエンドエンジニア

webシステム制作に携わるエンジニアのひとつで、「マークアップエンジニア」や「フロントエンドエンジニア」という職種があります。

HTML・CSS・JavaScriptなど、時にはUI/UX設計に関する知見とPhotoshopやIllustratorも使って、web制作を行うのがメインの仕事であり、フリーランスで働いている人が多い仕事のひとつでもあります。

フリーランスマークアップやフロントエンドエンジニアの平均年収は約829万円になります。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/occ-6/

フロントエンジニアのフリーランス案件では、開発経験が5年以上になると単価が70万円を越え、年収1000万以上を得られる可能性が見えてきます。
他の職種と比べてもこれは高単価と言えますが、開発経験年数や保有スキルによって単価は大きく変動しますのであくまでも目安として考えましょう。

またフロントエンドエンジニアについては以下の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【2022年版】フリーランスのフロントエンジニアを大研究!
https://freelance-school.net/introduction/front/

ネットワークエンジニア

求人サイトのレバテックによるとフリーランスのネットワークエンジニアの平均年収は、約760万円程度となっています。常駐案件や長期案件が多いため、実力や経験が身に付いていると、年収1000万円以上も狙えます。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/occ-3/

ネットワークエンジニアに限定した公的な年収分布のデータは残念ながらありませんが、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が発行した「IT人材白書2017」によると、IT企業に勤務するインフラ系技術者で年収1,000万円を超える人の割合は1.6%です。

ネットワークエンジニアは、ITエンジニアの中でも、比較的安定的であり、メリットを感じやすいものになります。
参照 : https://www.ipa.go.jp/files/000059086.pdf

データベースエンジニア

データベースエンジニアはフリーランスの場合、平均単価が66万円なので、年収にすると792万円となっています。会社員のデータベースエンジニアで、大体400万円程度なので、フリーランスの方が年収はやや高めだと言えます。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/occ-11/

ただしデータベースエンジニアの場合、資格の有無やどの程度の経験があるかによっても変わってきます。例えばオラクルマスターのプラチナを持っているレベルの方であれば400万円以上の年収になることは多々あります。

汎用的なデータベースの操作スキルと、製品に関する知識を持っている人ほど高い年収を狙えます。

制御・組み込み系エンジニア

フリーランスの制御・組み込みエンジニアの平均年収は780万円となっています。
使いこなせるプログラミング言語によって、フリーランスでも年収に差が出やすく、C言語を取り扱っているエンジニアで、凡そ650万円前後が平均年収です。


参照:https://freelance.levtech.jp/project/occ-14/

アセンブラのみの場合は、C言語よりも低くなり、およそ550万円くらいになります。アセンブラは制御や組み込みエンジニアでくらいしかあまり使われない、つまり需要が少ないために年収が比較的低くなってしまいます。

制御・組み込みエンジニアは案件自体は多いですが、若手のエンジニアが少なく、年々エンジニア数が減っていると言われています。

現場では若手スタッフの不足に悩むシーンもあるため、経験が浅く、スキルにやや不足が残っても、思い切ってフリーランスに挑戦してみても良い職種の一つと言えます。

テストエンジニア

フリーランスのテストエンジニアは、こちらもレバテックフリーランスのサイトを参考にすると平均年収684万円となります。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/occ-12/

テストエンジニアの場合、現場によって求められる仕事の内容やスキルが大きく異なり、平均年収にも幅があります。経験を積んでエラーやバグ、テスト設計の修正などスキルが上がるにつれ収入も比例して上がっていきますので年収が800万円の人もいれば400万円以下の人もいます。

テストエンジニアとして年収500万円以上を狙うためには工程全体の流れをチェックできる人材として、プロジェクトリーダーになるなど複数人のエンジニアをまとめられる管理能力があるかどうかが重要です。

また、テストエンジニアはシステムエンジニアの業務と兼業されていることも多くあります。専門的にテストエンジニアをしているのではなく、システム開発のエンジニアと並行して働いている場合、平均年収は前述した金額よりも少し高くなります。

ブリッジSE

フリーランスのブリッジSEの平均年収は816万円程度となっています。システム開発だけを行う一般的なSEよりも、ブリッジSEは年収が高い傾向にあります。

参照:https://freelance.levtech.jp/project/occ-8/

これは、システム開発を行う技術力に加えて、海外企業との橋渡しをする役割があり、英語などの語学力やクライアント企業の国の文化・価値観の理解、異文化コミュニケーションなど、より多彩で高度なスキルや資質が求められるのが理由でしょう。

また、ブリッジSEは外資系企業や海外との連携案件で活躍することが多いこともあり、平均して報酬が高く設定されています。このことも平均年収の高さに影響を与えている一因でもあります。常駐先や個人のスキル、経験次第では年収が1000万円を超えるフリーランスのブリッジSEも少なくありません。

ブリッジSEは外国企業と日本企業の橋渡し役ということもあり、海外勤務となることが珍しくありません。
アジア圏への赴任であれば、生活費は日本での暮らしよりも抑えられることもあります。そのためブリッジSEは一般的な開発系SEと比べて貯金はしやすいという特徴があります。

年代別の平均年収


SEHACK編集部によるとフリーランスの年代毎の平均年収は20代であれば約696万円、30代なら役780~816万円、40代になると840~876万円、50代は600~660万円と基本的には年齢を重ねるごとに増えていきます。

会社員として企業に勤めてエンジニアをしている場合は、20代後半で378万円、30代で475~572万円、40代では635~670万円、50代になると680~690万円になります。

50代に入ると会社員の平均年収がフリーランスの平均年収よりも高くなります。

参照:https://happy.value-ark.com/sehack/freelance-engineer-marketprice

しかし生涯賃金で見てみると、フリーランスが2億6340万円、会社員が2億520万円となり、最終的にはフリーランスである方が5820万円も多く稼ぐことになります。

収入を上げるには(年収1000万を狙うには)

フリーランスエンジニアの収入事情が分かってきたところで、実際にどうやって収入を上げていけば良いのでしょうか。
ここでは主にその方法についてご紹介していきます。

営業力を高める

ITエンジニアのフリーランスに限ったことではありませんが、個人で仕事をしている以上は自分自身が営業マンとなり、自分で仕事を受注しなければなりません。そのため営業力は必要不可欠な要素です。

エンジニアとして優れていたとしても、営業力がなければ案件を受注することは難しくなります。そのため、自分自身や商品・技術をしっかりとプレゼン・アピールできるようにしましょう。
どうしても営業が苦手……という間はフリーランスエージェントを使い、仕事を受注しましょう。

能力強化をし続ける

エンジニアに求められているスキルは年々変化しています。
変化の激しいIT業界では日々のスキルアップや自己鍛練は当たり前といっても過言ではありません。

技術や能力強化を怠れば市場のニーズに対応できず、結果として仕事・収入は減少していくことになります。
そうならないためにも、日頃からトレンドなどの情報収集を行い、自己学習を欠かさないことがとても重要です。

信頼関係の構築を常に意識する

近年フリーランスが増えてきたこともあり、フリーランスに対してポジティブなイメージを持つ方も増えてきていますが、企業担当者の中には、「ルーズ、いい加減」といったようなマイナスイメージを持っている人もいます。
そのため、仕事を依頼してもらうためには相手の信頼を得ることがとても大切な要素となります。

取引先からの連絡や質問、お願い事などは、信頼獲得のチャンスと心得て、丁寧に対応するようにしましょう。
地道な努力がいずれ結果を結びます。

積極的に交渉する

フリーランスエンジニアの中には「交渉すると印象が悪くなるのではないか」と思い、クライアントから提示された安い報酬で案件を受注してしまう方もいます。

しかし、フリーランスだからといって遠慮する必要もなければ、印象が悪くなるわけでもありません。

年収1,000万円を目指すのであれば、自分のスキルや培ってきた経験に自信を持ち、クライアントと対等かつ積極的に交渉して、自分が納得できる報酬額で仕事を受注するようにしましょう。

人脈を広げる

フリーランスは意外と知人からの紹介で仕事を受注することが多くあります。
またその他には過去・現在の取引先から紹介されるパターンや、最近では広報活動のためにブログやSNSでの自分自身の発信活動から受注する方もいらっしゃいます。

現実世界での人脈だけではなく、SNSなどのインターネット上でのつながりも広げておけば仕事の受注につながりやすくなります。

仕事を取捨選択する

年収1,000万円を達成するには、報酬面だけでなく仕事面での効率も重要です。
いくら単価が高くて報酬が良い案件でも、内容が複雑すぎて仕事に時間がかかるのであれば割に合った案件とは言えません。
そのため効率的に進められる仕事や案件を見極め、うまく取捨選択していきましょう。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。