2限 気になるお金事情

【2022年版】PHPのフリーランスエンジニアを大研究!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

PHPのフリーランスエンジニアになりたい人のために、PHPフリーランスを徹底解剖します!

PHPフリーランスの実態

PHPフリーランスの実態がどのようなものなのか、まだフリーランスになっていない方でもイメージしやすいようにご紹介します。

PHPフリーランスと正社員の仕事内容の違い

PHPのフリーランスと正社員で、仕事内容自体に大きな違いがあるわけではありません。

フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決められます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

PHPフリーランスの必須スキル

PHPフリーランスとして、高単価案件を受注するために必要なスキルがあります。

大手エージェントのレバテックのサイトを確認すると、単価が80万円以上する案件の条件には共通点があります。

それは、Laravelのようなフレームワークを使用した開発経験があるということです。

PHPフリーランスとして高単価案件を獲得したいのであれば、Laravelを使用した開発経験を積み、スキルを磨いておきましょう。

PHPフリーランスの将来性

PHPは将来性の高い言語で、今後も高い需要が見込めます。

Stack Overflow Developer Surveyのリサーチ結果では、Most Popular Technologies(最も人気のあるテクノロジー)で上位にランクインされています。

PHPは、Web開発現場で長年親しまれている言語であり、PHPを採用するWeb開発案件は多いので、今後もPHP案件の増加が見込めます。

最近では、JavaScriptのフレームワークVue.jsなどと一緒に使われる案件も増えています。

また、PHPは毎年1回のペースでアップデートを続けており、今後もますます機能が高まることが予想できます。

PHPフリーランスの案件の徹底解剖

PHPフリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

PHPフリーランスの案件数

Webアプリ開発の王道とも言えるPHPですので、PHPフリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは、PHPフリーランス案件が3792件あります。

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、12,787件ものPHP案件が紹介されています。

これだけ案件数があれば、案件獲得で困ることはありません。

特にWordPressの案件はとても多くなっています。
WordPressは、コンテンツ管理画面が使いやすいうえに、豊富なプラグインがあるため、個人から企業まで数多くのユーザーに利用されているのでたくさんの案件が確認できています。

世界中のWebサイトのなんと3分の1でWordPressが利用されていて、WordPressは現在もアップデートを続けており、将来的にもWebサイト構築で使用するコンテンツ管理システムの筆頭であることが容易に予想できます。

そのため、WordPress構築を主な仕事としているWordPress専門エンジニアもいるほどです。

WordPressは、PHPにより作成されたコンテンツ管理システムなので、PHPフリーランスはWordPress案件を獲得することができます。

上記の内容を考えるとPHPは、案件数が多い優良な言語と言えます。

PHPフリーランスのリモート・在宅案件

PHPフリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が466件見つかりました。

PHPは小中規模の開発で使用されることが多いこともあり、自宅で作業ができるのであればオフィスに行く必要がありません。こうした背景があることもあり、PHPフリーランスのリモート・在宅案件は徐々に増えています。

PHPフリーランスの週3日案件

PHPフリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが、存在します。

こちらもレバテックで調べてみると、PHPの週3日案件が87件あります。

現在、週に2~3日の案件はレバテックだけで87件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件も存在します。

希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

PHP未経験者向けの案件

PHPフリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもPHPの実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、PHPの実務経験が浅い人でも参画可能な案件は53件あり、求める条件がPHPの実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

PHPの開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても臆せず応募してみましょう。

PHPフリーランスの平均収入・単価相場

気になるPHPフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。正社員の平均年収との比較もしているので、フリーランスになろうか迷っている正社員の方は参考にしてみてください。

PHPフリーランスの平均収入

PHPフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が65.7万円、最高単価が200万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が788万円、最高年収が2,400万円です。

PHPの案件は、小中規模開発の案件が多いので、特に単価が高いというわけでもありません。

しかし、正社員よりは平均収入が多いので、お金を稼ぎたい人はフリーランスとして案件を獲得することをおすすめします。

PHPフリーランスの経験年数別の平均収入

PHPフリーランス案件の平均単価は、保有するスキルによって決まりますが、経験年数とある程度相関があります。

PHPエンジニアの実務経験年数が2年~5年であれば、週5日で40~70万円(年収480~840万円)が単価の相場になります。

PHPエンジニアの実務経験年数が6年以上であれば、週5日で60~80万円(年収720~960万円)が単価の相場になります。

もちろん、若い世代でもスキルや実績があれば比較的高単価の案件を獲得することが可能です。

PHPフリーランスのフレームワーク別の平均収入

PHP案件は、職種ごとにも平均収入が異なります。

再度、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、PHPのフレームワークの月額最高単価は、Symfonyが120万円(年収1,440万円)、Laravelが120万円(年収1,440万円)、Zend Frameworkが115万円(1,380万円)となっています。

下記のグラフを参考にすると、特にSymfony、Laravel、Zend Frameworkの単価が高額になっていることが分かります。

また、PHPのフレームワークの公開フリーランス案件数も見てみると、Laravelが1813件、CakePHPが672件、Symfonyが196件となっており、PHPの中でもたくさんの案件数が確認できます。

したがって、PHP案件で高収入を安定して得たいのであれば、SymfonyやLaravelといった、月額最高単価が高くて公開案件数が多いフレームワークの案件に応募するようにしましょう。

PHP正社員の平均収入

PHP正社員の平均年収は、求人検索エンジンスタンバイを参考にすると、年収522万円となっています。

30代中旬ごろには、平均年収に到達する人が多いようです。

収入面では正社員はフリーランスよりも少ない傾向ですが、収入よりも安定を重視したい人は正社員でいた方が良いでしょう。

PHPフリーランスが平均収入から高収入になるための秘訣

PHPフリーランスとして、収入を上げるためには次の経験を積むと良いです。ここでは、高単価案件に応募する際に評価される経験をお伝えします。

上流工程やPMとしての開発経験がある

単純にPHPのエンジニアとしてのスキルしか保有していないと、携われる開発の工程が限られてしまうので、低い単価の案件しか獲得できなくなってしまいます。

上流工程から開発に参画することができれば、高単価案件が獲得しやすく、長期的に安定した収入を得ることができます。

また、単に開発を行えるだけでなく、PMとしてプロジェクト全体を推進できるとなれば、他のエンジニアとしての単価よりも高単価で受注ができるため、PM経験を積むということも意識してみてください。

大小様々な規模での開発経験がある

様々な規模の開発に対応できるようになると、高単価の案件にも手が伸ばしやすくなります。

大規模開発か小規模開発によって、業務内容も変わってきますし、必要とされるスキルや使用するフレームワークが異なります。

そのため、大小様々な規模の開発に携わることで幅広い開発経験を積むことができ、様々な高単価案件を獲得することができます。

特に、大企業が実施する大規模開発案件は単価が高い傾向があるので、大規模開発の経験を積んでおくと大企業の高単価案件を獲得しやすくなります。

Webサービスだけでなくシステム系やアプリ開発の経験がある

PHP自体はWebサービスをメインとして用いられる言語ですが、大規模な案件になると単にWebサービスだけの開発に留まらず、大規模なシステムやアプリとの連携も考えられます。

そのため、PHPだけの知識を持つエンジニアよりもシステムやアプリ側の知識も兼ね備えたエンジニアの方が幅広い業務内容に対応できるので単価が上がりやすくなります。

このようなステムやアプリとの連携が必要となる案件も多いので、PHPだけでなくシステムやアプリの開発経験があった方が、高単価の大規模開発案件を受注しやすいため、収入を増やすことができます。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。