3限: 単価

React案件の単価はおいくら?フリーランスは稼げるのか?

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。大学は電気工学科を卒業。25歳から本格的にWeb業界の道に踏み込みました。29歳の月収は30万でしたがフリーランスに転身し月収60万に。その後2年で月収100万を達成。現在は業務委託が1社と3つのサイトを運営している31歳です。『動けば必ず成果は出る』と信じています。

フリーランスは稼げるのかそんな話をされる人が多いですよね。

特に海外などではフリーランスという働きかたは定着してきている為、フリーランスといっても変な目で見るという方はあまりいません。

しかし、まだまだ日本では特に年配の方達がフリーランスというと、仕事をしていない、もしくは会社に馴染めなかった人という様な目で見てきますので、非常に居心地が悪く感じます。

フリーランスの方が会社に勤務するよりも断然稼ぐことができるというのは、意外に認知されてきました。エンジニアの方達はフリーランス転身が多くなってきています。

そんな中でフリーランスにって本当に稼ぐことができるの?と思っている方がいるのも、また事実ですから、今回はJavaScriptの3代フレームワークの1つReactで稼ぐ事はできるのか?についてご紹介します。

React案件はおいくら?

『React案件』は月60万〜100万の案件があります。平均すると月80万円前後が多いです。

React案件は稼げるのか?

JavaScriptの3大フレームワークの一つであるReactですが、正直React案件で稼げるの?なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

ですが良く考えると、会社組織でReactを利用しているところは多く、フレームワークを担当しているエンジニアの方も勿論いるはずです。

という事はReactは世の中を見渡した際に、しっかりとした需要があるという事になるのです。

そんなReact案件の単価相場はというと、月60万円から100万円ほどが相場のようです。

「え?そんなに稼げるの?」と思った人も多いのではないでしょうか。

基本的に会社に勤務していたらReact案件だけではこんなに稼ぐ事はできませんよね。

基本的には会社組織で働くと、利益を分配する方式になっています。

ですからプロジェクトに参加していない人、利益を生まない人にもしっかりと給料が支給されるのです。

しかしその給料は誰が稼いだ利益の中から出ているのでしょうか?

勿論仕事をしているエンジニアの人たちですよね。

そう考えると

フリーランスになると会社に勤めている時よりも多くの報酬が得られるという理由が理解できるはずです。

どういう事かというと、フリーランスになると誰にも搾取をされませんので。稼いだ金額は丸々自分の物になるのです。

ですからフリーランスでは多くの報酬を得る事ができるようになるのです。

その為多くのエンジニアの方達が最近は多くフリーランスへと転向をしているという状況になっているのです。

React案件には在宅は無いの?

折角フリーランスになるんだから、在宅でリモートワーカーになるのも良いのでは?と思っている方も少なくはありませんよね。

しかし、残念な事に、React案件における在宅案件はとにかく少ない物なのです。

これは基本的に開発の現場では、自分以外のエンジニアやPM、ディレクターといった人たちとの会話が必要になる場面や、打ち合わせが必要になる場面があります。

さらに開発の状況をPMなどがしっかりと把握し、管理をしなければならない為、常駐での案件が多くなってしまうのです。

特に人数が10人を超えるような開発プロジェクトになると、管理などが難しくなってしまう事から、常駐での案件になってしまいます。

中には自社開発の案件で10人未満の場合には、管理もしやすい為に在宅での受注が認められるケースもあります。どうしても在宅の案件を探したいという方は、エージェントにその希望を伝えて探してもらうと良いでしょう。

そのような案件において、受注を受けやすくするためには、やはり経験やスキルといった物が必要不可欠になりますので、しっかりと経験やスキルを磨く事が稼げるフリーランスになる為には必要だと言えるでしょう。

React案件は今後どうなる?

React案件を受注していこうと決めて、フリーランスになったのは良いですが、なかなか仕事が見つからない、もしくは仕事がなくなったという事が起こっては、フリーランスになったこと自体が失敗だったとがっかりしてしまいますので、やはりなかなかフリーランスに慣れないという方も居る事でしょう。

では、React案件の今後はそのように予測できるかというと、JavaScriptの3大フレームワークの1つですから、まだまだ需要は増えていくと言えるでしょう。

というのも、JavaScript自体の需要が増えているという事があるからです。

大本のプログラミング言語の需要が増えると勿論それに付帯している言語などの需要も増えていくのですから、勿論React案件の需要も増えていくと言えるでしょう。

またそのような増えたReact案件を受注していくためには、JavaScriptの開発経験も求められる事が多いですので、React案件を沢山受注して沢山稼ぎたいという方は、JavaScriptの開発経験もしっかりと積むようにしておきましょう。

React案件のご紹介

【React.js】女性向けキュレーションサービスフロントエンド開発 のエンジニア求人・案件
報酬 ~950,000円/月
職務内容 ・女性向けキュレーションサービスにおいて、
管理画面及びサービス側の開発支援を行なっていただきます。
・ドキュメントが多い現場ではないですが、口頭でのやり取りや、
仕様書に沿って実装、テストを行なっていただくイメージです。
・開発手法はアジャイルで進められており、2週間のスプリントです。
・React.jsを用いたフロントエンド開発をご対応いただきます。
言語 JavaScript HTML5 CSS3
フレームワーク Node.js React
最寄り駅 赤坂見附 (東京都)
必須スキル ・フロントエンドエンジニアとしての実務経験3年以上
・エンジニアとしての実務経験5年以上
・HTML5、CSS3、JavaScriptを利用したデスクトップ/モバイル向けWebサイトの開発経験
・React.jsを用いた開発実務経験1年以上
・TDDまたはBDDでのテスト駆動開発経験
歓迎スキル ・GitHubを利用したチーム開発経験
・アジャイル開発経験
・Expressやhapi等のNode.jsのフレームワークを利用したバックエンド開発実務経験1年以上

https://freelance.levtech.jp/project/detail/26901/

新規出張撮影サービスバージョンアップ開発の求人・案件
報酬 〜850,000円/月
職務内容 ・マイクロサービスアーキテクチャを導入しているサービスの、
バージョンアップとして下記作業をご担当いただきます。
-Rails4.1から4.2へのバージョンアップ
-出張撮影システム
– 定額制システム
– 検索システム
言語 Ruby
フレームワーク React
最寄り駅 渋谷 (東京都)
必須スキル ・Ruby on Railsを用いた実務経験2年以上
・Ruby on Rails 4.1から4.2へのバージョンアップ
・Gitを利用したチームでの開発経験
ポジション SE (システムエンジニア) プログラマー(PG)

https://freelance.levtech.jp/project/detail/25932/

ABOUT ME
管理人
管理人
管理人&現役のフリーランサーです。大学は電気工学科を卒業。25歳から本格的にWeb業界の道に踏み込みました。29歳の月収は30万でしたがフリーランスに転身し月収60万に。その後2年で月収100万を達成。現在は業務委託が1社と3つのサイトを運営している31歳です。『動けば必ず成果は出る』と信じています。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。大学は電気工学科を卒業。25歳から本格的にWeb業界の道に踏み込みました。28歳の月収は30万でしたがフリーランスに転身し月収60万に。その後2年で月収100万を達成。現在は業務委託が1社と3つのサイトを運営している31歳です。『動けば必ず成果は出る』と信じています。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

あわせて読みたい
現役フリーランスエンジニアがオススメする優良エージェント8選本日は現役のフリーランスである私が本当にオススメする優良エージェントについてご紹介していきます。 ランキングをすぐに見たい方はこちらを...