2限 気になるお金事情

【2022年版】React.jsのフリーランスエンジニアを大研究!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

Reactのフリーランスエンジニアになりたい人のために、Reactフリーランスを徹底解剖します!

Reactフリーランスの実態

Reactフリーランスの実態がどのようなものなのか、まだフリーランスになっていない方でもイメージしやすいようにご紹介します。

Reactフリーランスと正社員の違い

Reactのフリーランスと正社員で、仕事内容自体に大きな違いがあるわけではありません。

違いがあるのは、収入や働き方です。

フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決められます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

会社員の場合、企業に雇用されるという立場なため、具体的な働き方を決定するのは企業側ということになります。例えば、出勤日、就業時間、役職、仕事内容、給与などは基本的に企業側から提示される条件に合わせて働くことになります。

Reactフリーランスの必須スキル

Reactフリーランスとして、高単価案件を受注するために必要なスキルがあります。

大手エージェントのレバテックのサイトを確認すると、単価が80万円以上する案件の条件には共通点があります。

それは、テスト実施の知見や経験があるということです。

Reactフリーランスとして高単価案件を獲得したいのであれば、テスト経験を積み、スキルを磨いておきましょう。

Reactフリーランスの将来性

Reactは将来性の高いフレームワークで、今後も高い需要が見込めます。

Stack Overflow Developer Surveyのリサーチ結果では、Most Popular Technologies(最も人気のあるテクノロジー)で上位にランクインされています。

また、Webアプリケーションの開発ツールとしてReactを活用している企業が多く、Webアプリケーション開発の仕事が無くなることは考えられないので、React案件も安泰と言えます。

それに、Reactは、仮想DOMの仕組みで市場を占有しました。

現在もWebアプリケーション開発に留まらず、Android/iOSアプリ開発やAR/VRアプリ開発の現場でもReactを活用したフレームワークが利用されており、今後ますます多種多様な業界や分野でReactの需要が高まることが見込めます。

Reactフリーランスの案件の徹底解剖

Reactフリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

Reactフリーランスの案件数

Reactフリーランスの仕事は、VueやAngularと同じようにJavaScriptの主なライブラリとして活用することが可能で、たくさんのシステムで使用されているためReactフリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは、インフラフリーランス案件が832件あります。

https://freelance.levtech.jp/project/search/?order=2&fw%5B%5D=49&srchbtn=list_search&keyword=&tag_order=

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、2364件ものインフラ案件が紹介されています。

これだけ案件数があれば、案件獲得で困ることはありません。

Reactフリーランスのリモート・在宅案件

Reactフリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が317件見つかりました。

最近は、クラウドで稼働するWebシステムが増えていることもあり、自宅で作業することが以前よりも容易になっています。こうした背景があることもあり、Reactフリーランスのリモート・在宅案件は徐々に増えています。

Reactフリーランスの週3日案件

Reactフリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが、存在します。

こちらもレバテックで調べてみると、Node.jsの週3日案件が53件あります。

現在、週に3日の案件はレバテックだけで53件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件もわずかに存在します。

希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

React未経験者向けの案件

Reactフリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもReactの実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、Reactの実務経験が浅い人でも参画可能な案件は7件あり、求める条件がReactの実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

Reactの開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても臆せず応募してみましょう。

Reactフリーランスの平均収入・単価相場

気になるReactフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。正社員の平均年収との比較もしているので、フリーランスになろうか迷っている正社員の方は参考にしてみてください。

Reactフリーランスの平均収入

Reactフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が73.1万円、最高単価が150万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が877万円、最高年収が1,860万円です。

Reactフリーランス案件の平均単価は、フリーランスのエンジニアの平均単価と近い金額になっています。

しかし、正社員よりは平均収入が多いので、お金を稼ぎたい人はフリーランスとして案件を獲得することをおすすめします。

Reactフリーランスの経験年数別の平均収入

Reactフリーランス案件の平均単価は、保有するスキルによって決まりますが、実務経験年数とある程度相関があります。

フリーランススタートの調査(2021年5月時点)を参考にすると、次の表のように実務経験年数によって単価相場が変化します。

React経験1年未満 38万円前後 (年収450万円)
React経験1年~2年 45万円前後 (年収540万円)
React経験2年~3年 64万円前後 (年収765万円)
React経験3年~5年 75万円前後 (年収900万円)
React経験5年以上 90万円前後 (年収1080万円)

表にあるように実務経験年数が増えるごとに単価が高くなり、Reactの開発経験が5年以上になると年収1000万円が視野に入ってきます。

もちろん、実績や保有スキルによって単価が変わることは言うまでもありませんので、実務経験を積みながらスキルも磨きましょう。

また、表と比較して自分の収入が少ないようであれば、単価交渉をしたり、エージェントやクライアントの変更を視野に入れてみてください。実際に、エージェントやクライアントを変更して月間の単価が10万円以上アップするケースも多いので、上記の表に記載している数値を1つの指標にしてみてください。

React正社員の平均収入

React正社員の平均年収は、indeedやtypeなどの転職サイトを参考にすると、年収600万円となっています。

日本の平均年収よりは高くなっており、30代中旬ごろには、平均年収に到達する人が多いようです。

収入面では正社員はフリーランスよりも少なくなりやすいですが、収入よりも安定を重視したい人は正社員でいた方が良いでしょう。

Reactフリーランスが平均収入から高収入になるための秘訣

Reactフリーランスとして、収入を上げるためには次の要素が必要になります。ここでは、高単価案件に応募する際に評価される要素をお伝えします。

要件定義やUIの基礎スキルを磨く

Reactフリーランスは、ユーザー画面の実装を行うことが業務の一部なので、要件定義やUI/UXのデザイン・設計スキルがあることは、単価を上げるために重要なポイントです。

現在では、CDO(チーフデザインオフィサー)を会社運営の中核として配置するメーカーも多く、ユーザーの顧客体験を重要視する企業が増えています。

そのため、ユーザー画面の実装を行うReactフリーランスにも、単に実装を行うだけでなくユーザーに優れた顧客体験を提供できるようなデザインを実装できるスキルが求められており、このスキルが高いと高単価案件を獲得しやすくなります。

SPAの実装経験

SPAはSingle Page Applicationの略で、動的にWebページを生成する手法の1つであり、Webページを複数のコンポーネントに分けて実装するので変更があった箇所だけを書きかえれば良いという利便性があります。

SPAはユーザービリティが高くてGoogleのSEO対策にも使われており、SPAで組まれるシステムも多いため、SPAを要件定義に含める案件が多くなっています。

そのため、SPAの経験があるのであれば、これらのSPAが関連する案件を獲得しやすくなり、単価アップを狙うこともできます。

Reduxの開発スキル

React案件の中には、ReactとReduxのスキルが求められる案件も多いです。

Reduxは状態を管理するライブラリで、比較的開発規模の大きい案件で用いられることが多いので、Reduxの開発スキルも保有しておくと高単価の案件を獲得しやすくなります。

他言語の開発スキル

React案件では、場合によってはシステム全般を担当する場合もあります。

このような場合では、ReactだけでなくJavaScriptやサーバーサイド言語の開発スキルも必要になります。

そして、他の言語開発も担当できるのであれば、対応可能な範囲が増えるため企業側から大切にされて、単価アップがを見込むことができます。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。