開業

【2022年版】1万以上の案件データから算出!フロントエンジニアの単価・週3案件・リモート案件

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

フロントエンドエンジニアに興味がある方のために今回はフリーランスのフロントエンジニアについて徹底解剖します!

フロントエンジニアで独立を考えていたり、頑張っているのに収入がなかなか上がらないと思っている方には必見です!

フリーランスフロントエンジニアの実態

フリーランスフロントエンジニアと正社員の仕事内容の違い

フリーランスと正社員で、仕事内容自体に大きな違いがあるわけではありません。
しかし、フリーランスの場合は、開発経験の内容やエンジニアとしての経験年数、保有しているスキル次第で正社員よりも圧倒的な収入を見込めます。
また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

フリーランスフロントエンジニアの必須スキル

フリーランスに限らず、フロントエンジニアには主にHTMLやCSS、JavaScript等のWebサイトのコーディングやフロント開発に関するスキル、またWebデザイナーの必須スキルでもあるPhotoshopやIllustratorについてもある程度の理解が基本的に求められます。中でもHTML、CSS、JavaScriptはフロントエンジニアとして最低限必要な必須スキルとなります。
案件によってはCMS構築やUI/UX設計に関する知見、PHPやPerlといったサーバーサイド等の知識が求められ、特にサーバー設定やMySQLの使い方に慣れていると、エンジニアとしての市場価値も高くなってきます。
簡単にまとめるとフロントエンジニアには主に以下のようなスキルが求められる事が多くなります。
・HTML
・CSS
・JavaScript
・PHP
・UI/UX設計に関する知見
・CMS構築

HTML(HyperText Markup Language)

HTMLは主にウェブページを作成するためのマークアップ言語です。
HTMLを使うことで見出しや段落をつけたり、画像を挿入したり、画面に表示する文章を書いていきます。

CSS(Cascading Style Sheets)

HTMLで書いた文章のフォントを変えたり、ページ全体のレイアウトや装飾等を指定する言語になり、主にHTMLで作ったWebサイトの構造に対してスタイルを変更するために使います。
仕様書に基にHTMLとCSSを記述し、クライアントの希望通りとなるようにコーディングしていくのが基本になります。

JavaScript

ページ内に地図やカレンダー等の動的コンテンツを作成することができる言語になります。HTMLとCSSでできたWebページにJavaScriptやJQueryが動きを与えることになります。duda等の求人サイトではJavaScriptは必須スキルとして記入されていることが多くあります。

PHP

HTMLはいつ誰が見ても同じように表示される「静的なWebページ」を作成できるのに対して、PHPはアクセスしたタイミングや状況によって表示内容が変わる「動的なWebページ」を作ることができるスクリプト言語になります。
同じ動的なWebページを作るJavaScriptとの違いは、JavaScriptはクライアントサイドの言語であるのに対して、PHPはサーバーサイドの言語であるということです。
掲示板やショッピングカートなど、動的なページの生成が必要な様々なサイトやアプリで使われます。

UI/UX設計に関する知見

UIとは簡単にいうとユーザーにとってのWebサービスの使いやすさのことで、UXはユーザーがそのサービスを使って得られる体験のことを意味します。
UI/UXデザインの視点があると、ユーザーにとって使いやすいサービスを作ることができ、PhotoshopやIllustratorについての理解もあるとエンジニアとしてユーザビリティーの高いものが作れます。
近年では特に、ユーザビリティーの良さはサービスに対してのユーザー満足度や売上に大きく関わるため、Webサービスにはとても重要な要素になります。

CMS構築

CMSというのはContents Management Systemの略で、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報等を一元的に保存・管理するシステムのことを指します。
このシステムにより、誰にでも簡単にWebページの更新をすることができ、例えばWebページの一部だけを変更したい時にわざわざWeb制作会社に依頼しなくてもよくなります。

フロントエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーがデザインしたサイトを画面上にHTMLやCSS、Javascript等の開発言語を使って実現し、Webページやアプリ画面の見やすさ・Webサイト自体の機能性等を設計、構築する仕事になります。
時にはバックエンドの機能も踏まえてUI/UXをデザインしたりもします。

フロントエンジニアの将来性

平成28年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年にはIT人材は約59万人不足するとされています。
Webサイト、アプリケーションは今後も増え続けていくので、少なくともある程度の期間はフロントエンドエンジニアの需要が減るといったことはありません。
しかし、変化の激しい業界でもあるため新しい技術を身に付けたり、マーケティングやデザインの知識を学ぼうとするなど、技術刷新やニーズの変化に対応できなければ継続して仕事を受注することは難しいと言えます。

フリーランスフロントエンジニアの働き方のメリット

まず勤務形態や勤務時間等のワークライフバランスを自分でコントロールしやすい他、在宅であれば通勤の必要もないといったことがあげられます。
また正社員の場合と比較して平均収入が多いのも魅力的です。

キャリアと保有スキルによっては年収1000万以上も可能になります。

フリーランスフロントエンジニアの案件の徹底解剖

フリーランスでのフロントエンジニアの案件数

ただでさえIT人材が不足していることもあり、フロントエンジニアの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは2752件の案件があります。

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、8780件ものフロントエンジニア案件が紹介されています。

フリーランスフロントエンジニアのリモート・在宅案件

フロントエンジニアの案件にも、リモート・在宅の案件が存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が105件見つかりました。

現状では常駐案件の割合が多いですが、一部リモート可能な案件も存在しています。
また、今後マークアップエンジニアの供給が需要に追いつかなくなると、リモートであっても仕事を依頼したい企業が増えることも考えられるので、リモート案件が増加する可能性は充分にあります。

フリーランスフロントエンジニアの週3日案件

フリーランスフロントエンジニアの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが存在します。

こちらもレバテックで調べてみると週3日案件が112件あります。

週3日の案件はレバテックだけで112件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件も存在しています。
希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

フロントエンジニア未経験者向けの案件

フリーランスでのフロントエンジニアの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくともフロントエンド実務開発経験等が必要な案件ばかりでした。

しかし、実務経験が浅い人でも参画可能な案件は237件あり、求める条件がJavascriptを用いた開発経験1年以上という案件も少なからず存在しました。

開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても諦めずに応募してみましょう。

フリーランスフロントエンジニアの平均収入・単価相場

フリーランスフロントエンジニアの平均収入

フロントエンジニアのフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が69.1万円、最高単価が160万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が829万円、最高年収が1,920万円です。

フロントエンジニアのフリーランス案件では、開発経験が5年以上になると単価が70万円を越え、年収1000万以上を得られる可能性が出てきます。
他の職種と比べてもこれは高単価と言えますが、開発経験年数や保有スキルによって単価は大きく変動しますのであくまでも目安として考えるのが良いでしょう。

フリーランスフロントエンジニアの経験年数別の平均収入

フロントエンジニアのフリーランス案件の平均単価は、保有スキルと経験年数によって変わってきますが、フリーランス案件紹介サイトであるフリーランススタートの調査(2020年12月時点)を参考にすると、次の表のように実務経験年数によって相場単価が変化します。

なお表の数字は全て週5常駐案件の場合の相場単価になります。

経験1年未満 25万円~30万円/月
経験1年~ 30万円~40万円/月
経験2年~ 40万円~50万円/月
経験3年~ 50万円~65万円/月
経験4年~ 60万円~75万円/月
経験5年~ 70万円~100+万円/月
表にあるように経験年数が積むごとに単価が高くなり、開発経験が5年以上になると年収1000万円が視野に入ってきます。
また表よりも自分の収入が低いようであれば、単価交渉をしたり、エージェントやクライアントの変更を視野に入れてみると良いです。

正社員のフロントエンジニアの平均収入

大手転職エージェントのマイナビエージェントの調べによると、マークアップエンジニア・フロントエンドエンジニアの平均年収は385万円とあり、20代の平均年収が313万円、30代の平均年収が457万円と、年収の上がり幅は大きいです。
しかし他のシステムエンジニアやプログラマー等の職種と比べると平均年収は58万円程低いです。

フリーランスでフロントエンジニアの高単価案件を獲得するために必要なこと

フリーランスとして高単価な案件を受注するために必要なことというのはどういったことなのでしょうか。ここでは主に3つの要素をご紹介していきます。

上流工程での業務経験やプロジェクトリーダーとしてのマネジメント経験

要件定義などの上流工程の業務経験やプロジェクトリーダーとしてメンバーをマネジメントした経験をアピールする事で高単価案件を得られる可能性があります。

業界・業務知識ごとの専門知識

求人・案件に該当する、あるいは類似する業界・業務特有の専門知識を身に付けていることをアピールする事で、高単価案件の受注に繋がる可能性があります。例えばマーケティングやUI/UX、クラウドやブロックチェーンにAI等といった知識がそれに当たります。

プログラミング言語のフレームワークを使った開発経験

 JavaScriptやPHPといった言語のフレームワークを使った開発経験をアピールすることで高単価の案件を受注することができます。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。