1限: 基礎知識

外国人のプログラマでもフリーランスエンジニアになれる?

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

海外から訪日してエンジニアをやっている方でお給料を上げたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

それもそのはず、「私は外国人だから・・・」というものが邪魔してなかなか給料を上げてもらえなかったり「それなら辞めてください」と言われるんじゃないと思うとなかなか行動できませんよね。

しかし日本の現場では確実に外国籍の方の採用が活発になってきました。
それはいったいどういうことなのでしょう?

今回は外国人のフリーランス事情に関して記述していこうと思います。

外国人を積極的に採用する動きが出てきた

実は外国籍の方の採用はかなり増えています。
自分の身近で言えば、現在常駐している会社様もベトナムの方が多数いらっしゃっいますし、1つ前にお世話になっていた会社様も10人前後、外国籍の方が働いていました。

また、アルバイトで雇ってもらってそこから社員になったというエンジニアの方もいらっしゃいます。その方は ruby, javascript が会社のトップクラスに出来て今では大事な基幹系システム開発のエースです。

外国籍の方が日本の会社で働く際に重要視されるのは?

1番目は「日本語がネイティブレベルである」ということらしいです。

やはり日本の企業においては「日本語」での会話が重要視され、日本語の勉強は常に行っているようでした。しかし、英語が出来れば来て欲しいという会社様もあるようです。エージェントに相談して自分に合った会社様を見つけてもらいましょう!

2番目は当たり前のことですが「技術力があること」です。

外国籍の方を雇うメリットとしては、海外の方とのやり取りや英語でのドキュメント作成をお願いしたいということがありますが、前提としてそこそこの技術がある方というのが基本になっているようです。

逆に日本語が出来て、技術力があればほぼどこでも仕事が出来ると思っても過言ではないのではないでしょうか。

外国籍の方の案件も多数存在するエージェントはどこ?

外国籍の方が登録しても煙たがれない優良なエージェントはどこでしょうか?
実は実際外国籍の方でも入れる案件は多数ありますので基本的に歓迎されます。

その中でも数が多く、実績のあるエージェント様をご紹介します。
どのエージェント様とも繋がりがあり、内部事情も大方知っています。とても信頼の出来る所です。是非登録してお話を聞いてみてください。

1位 最大手のレバテックフリーランス

豊富な案件数と実績でオススメNo.1のエージェント様です。お電話した時の対応や、その後のフォローなど、私が最も信頼のおける会社様です。この会社様の登録は必須でしょう。


2位 15年以上の実績のあるギークスジョブ

フリーランスの斡旋が15年と業界の中ではトップクラス。渋谷のマークシティを出た所のオフィスで面接をしてもらいましたが、好印象で案件数も多かったです。こちらも合わせて登録すると良いでしょう。

3位 15年以上の実績のあるギークスジョブ

今自分がお世話になっているエージェント様です。(※2018年8月現在)
レバテック様、ギークス様と比べて案件数は落ちますが営業さんが優秀でしっかりと自分にあった会社様を見つけてきてくれました。単価や場所、働き方など全て聞いてくれました。



ABOUT ME
管理人
管理人
管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

あわせて読みたい
現役フリーランスエンジニアがオススメする優良エージェント8選本日は現役のフリーランスである私が本当にオススメする優良エージェントについてご紹介していきます。 ランキングをすぐに見たい方はこちらを...