1限 開業時の悩み

フリーランスエンジニアって何?必要な経験は?将来性は?仕事の獲得方法は!?トップフリーランサーが教える!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

近年フリーランスエンジニアの需要がますます増加しており、それに伴ってフリーランスエンジニアになる人も増えています。

この記事では、フリーランスエンジニアの契約形態、年収、求められる経験、将来性や仕事の獲得方法などについて言及します。

これからフリーランスエンジニアになることを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアになる前に

フリーランスの定義、働き方、年収などのフリーランスになる前に知っておいた方が良いフリーランスエンジニア事情を記載します。

フリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアは、会社や組織に所属せず、個人として企業や個人と契約を締結してプロジェクト単位で開発に携わります。

また、フリーランスとして仕事の依頼を受ける際は、主に業務委託契約を結びます。より細かく説明すると、業務委託で働く場合の契約方法には、委任契約と請負契約があります。

委任契約(準委任契約)とは

委任契約は、自分の能力をクライアントへ提供することがメインとなっており、成果物を完成させる義務が発生しません。契約期間中は、クライアントへ自分のスキルや時間を提供しますが、成果物自体に責任は伴いません。

請負契約とは

請負契約は委任契約とは異なり、成果物に対し責任が発生します。契約で定められた成果物を納期までに納品しなければなりません。

フリーランスエンジニアの働き方

フリーランスエンジニアの働き方には、いくつか種類があります。1つ1つ紹介するので、どのような働き方をしたいかの参考にしてください。

常駐型

常駐型というのは、クライアントの会社内に常駐して、依頼された仕事をする働き方です。

正社員の働き方と似ていますが、フリーランスはあくまでプロジェクト単位で働くことが多いので、契約期間や単価が事前に決められています。他にも正社員と違う点としては、正社員では副業禁止の会社に所属していると会社の業務しか行えませんが、フリーランスであれば契約しているクライアント以外の企業からも案件を受注することができます。

また、安定的に収入を得られるという点も常駐型のメリットです。

リモート・在宅型

リモート・在宅型は、自宅などからテレワークで仕事をする働き方です。クライアントから発注された成果物を納品するところまで請け負う受注開発や、労働力を提供し報酬を受け取るといった働き方が可能です。

近年ではテレワークを導入する企業が増えているので、自宅などで落ち着いて仕事がしたい人におすすめの働き方です。

自前サービス型

自前サービス型は、個人でサービスを開発して、収益化を目指す働き方です。

アプリ、ゲーム、Webサービス、SaaSツール、アフィリエイト系のブログなどの開発を個人で行い、サービス内に掲載する広告やユーザーの課金などから収入を得ます。

しかし、開発を行っても必ずしも収益化するとは限らないので、収益化するまでは常駐型やリモート・在宅型の案件をこなしつつ開発を進める人が多いです。

フリーランスエンジニアの単価・年収

気になる人が多いであろうフリーランスエンジニアの単価や年収についてお伝えします。

フリーランスエンジニアの単価

フリーランスエンジニアの単価は、職種や経験によって変わってきますが、月の単価はおよそ50〜80万円のレンジが多いです。

また、開発内容や必要なスキルのレベルなどが案件によって異なるため、案件の難易度によっても単価は変化します。

要件定義などの上流からプロジェクトに携わったり、マネジメントも行うとなると、相場よりも単価が高くなりやすいです。

フリーランスエンジニアの平均年収

平均年収は職種や開発言語によって異なりますが、全体の平均年収は600~800万円ほどです。

年数が経ち経験や実績が増えるにつれて年収が増えていき、30代では年収1,000万円に到達する例も少なくありません。

また、要件定義などの上流からプロジェクトに携わる経験やマネジメント経験があると、企業側から高く評価されて年収が増えやすいです。

フリーランスエンジニアのメリット

ここでは正社員や派遣社員からフリーランスになるメリットについて記載します。

希望する仕事内容や単価で仕事ができる

正社員であれば、上司に指示された仕事をしなければなりませんが、フリーランスであれば自分のやりたいプロジェクトを選ぶことができます。

ある程度開発経験を積むと案件の獲得も容易になってくるので、自分の理想的なライフスタイルに合った仕事を選べるようになります。

また、フリーランスは正社員よりも平均収入が高く、経済的な余裕に合わせながら仕事を選ぶことができるので、自分のキャリアアップに活用できそうな案件があれば、単価に関わらず積極的にチャレンジしやすくなります。

働く時間・場所の自由度が高い

フリーランスエンジニアであれば、働く時間や場所が自由に選べます。

時短勤務の案件を獲得すれば、働く時間を短くしてその他のことに時間を使ったり、空いた時間で他の案件を獲得し、年収を増やすこともできます。リモートワークの案件を獲得すれば、自宅で落ち着いて作業することもできます。

このような働き方がしたい人は、時短やリモートワーク可能な案件を探してみましょう。

年収が上がる

保有スキルや実績が同じであれば、正社員や派遣社員よりもフリーランスの方が年収が高くなります。

常駐型は高単価な案件が多いので、年収を増やしたい人は積極的に探してみることをおすすめします。

フリーランスエンジニアに必要な経験

次は、フリーランスエンジニアになるために必要な経験について記載します。

未経験からフリーランスエンジニアになれるか?

全くの未経験でもフリーランスエンジニアになれるかと言うと、残念ながらそれは難しいです。

募集されている案件を調査すると、未経験でも応募可能な案件はなく、2年以上の経験が求められる案件が多いです。

もし未経験者だったとしても、一旦正社員や派遣社員として働くなどをして、2年間の経験を積んでスキルを磨くことで将来的にフリーランスエンジニアになることができます。

正社員や派遣社員としての開発経験があれば、フリーランスエンジニアとして仕事を請け負うのに必要なスキルや知識を備えていると評価されます。

実績があればクライアントは安心して仕事を依頼できますので、フリーランスエンジニアとして活動するのであれば、案件を応募する際に提出する経歴や実績を記載するスキルシートで企業に興味を持ってもらえるように、また面接でアピールできる材料を集めるためにも、最低でも2年程度は経験を積んでおきましょう。

未経験の場合は一旦企業に就職することがおすすめ

フリーランスエンジニアの案件では難しいですが、企業が募集する正社員求人のなかには、未経験者でも応募可能な求人はたくさんあります。

上記にも記載しましたが、未経験者であれば、まずは企業に就職して開発経験を積むところから始めてみましょう。スキルを高めることができるだけでなく、効率的な仕事のやり方やツールの使い方を覚えることもできるので、フリーランスエンジニアとして活躍するための土台づくりができます。

知識が足りないならプログラミングスクールがおすすめ

知識が足りないと感じても心配はいりません。

プログラミングスクールであれば、開発に必要なスキル・知識を身につけることができます。

プログラミングスクールの中には、現役エンジニアが講師をしているところもあり、実務経験に基づいた実践的な内容を学ぶことが可能です。

それだけでなく、一部のプログラミングスクールでは、就職や転職の支援も行っているので、プログラミングスクールで学んでから就職して実務経験を積める環境も整っています。

こちらの記事におすすめのプログラミングスクールをご紹介しているので、興味がある人はチェックしてください。

フリーランスエンジニアの将来性

フリーランスエンジニアには将来性があり、今後ますます需要が高くなる見込みです。

今後も需要は高まる

フリーランスエンジニアは契約期間が決まっているため、クライアントは人件費を変動費とすることができます。

クライアントにとって、経営状況やプロジェクトに合わせて必要な人材を配置することができるので、フリーランスエンジニアは仕事を依頼しやすい人材です。

このような背景があるため、業務委託で契約するプロフェッショナル人材や副業ワーカーを受け入れる企業は増加しており、今後も需要が高まることが予想されます。

リモート・在宅型の案件が増えている

DX(デジタルトランスフォーメーション)が進み、人々の働き方の変化に伴い、リモート・在宅型の案件数が増加しています。

自由な働き方を希望する人も増えたため、これらの案件は人気があり需要も高くなっていますが、それに比例して供給も増えつつあるので、リモート・在宅型の案件をこなすフリーランスエンジニアの数も今後増えるでしょう。

より職種や分野毎の専門性を問われる

拡大を続けるIT/Web業界では、作業内容に応じて職種が細分化される傾向にあります。

例えば、システムエンジニアの場合でも、設計や構築、保守・運用、テストとわかれており、役職もプロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、テックリード、ITアーキテクトなど複数の役職が存在します。

今後のプロジェクトもより細分化され、分野ごとに専門的な案件が増える可能性があります。幅広い知識やスキルももちろん大切ですが、得意分野を見つけて専門性を高めることも重要になります。

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得する方法

フリーランスとして仕事を獲得する方法は、いくつか存在します。

営業活動をして受注する

フリーランスの営業は直接営業・メール営業など様々なものがあります。

例えば、フリーランスエンジニアがメール営業をする場合、Web制作会社のホームページの問い合わせフォームから、「問い合わせの目的・何ができるか・仕事を依頼して欲しい」というような内容を記載したメールを送信します。

その中から双方の利害が一致した場合に、アポイントをとって打ち合わせし、仕事を獲得するという流れになります。

知人からの紹介で受注する

友人や知人から企業を紹介してもらう方法です。

この方法の良い点は、紹介者の信用を借りられるので、最初から面接先の担当者からある程度の信頼してもらえるという点です。

信頼がある分、能力的に問題がなければ案件を獲得しやすい方法になります。

しかし、発注してもらう相手が友人や知人であれば、契約書を交わさず口約束で仕事を請け負い、あとでお金などで揉めるようなケースもあります。

したがって、友人や信頼できる人であろうとも、仕事をするのであれば契約書などの書面をしっかりと交わす必要があります。

エージェント経由で受注する

最もおすすめできるのは、エージェントに仕事を紹介してもらうことです。

エージェントとは、仕事を依頼したい企業と仕事を受けたいフリーランスの間に入って、仲介をしてくれる業者です。

エージェントを活用すれば、自分で大変な思いをして様々な企業に営業活動をする必要がなく、短期間で仕事を得ることができます。例えるならば、正社員にとっての転職エージェントのようなイメージです。

エージェントは、数多くの企業の案件を保有しているため、様々な仕事内容や単価の案件を取り揃えているため、フリーランスはその中から自分がやりたい案件を選んで応募することができます。

エージェントに仕事内容や希望単価を伝えると、その条件に合ったエンジニアに仕事を依頼したい企業をいくつか紹介してもらえるため、自分で1から企業を探すよりも余程効率的です。

また、仕事を発注したい企業は非常に多く、需要>供給の構図になっているため、あまりにも高望みをしない限りは、希望条件に見合う仕事を獲得することは比較的容易です。

次の項目で、高収入案件を提供しているエージェントさんや初心者が登録すべき安全なエージェントさんをご紹介します。

数多あるエージェントの中から「エージェント界隈で有名な所」や「実際に所属していた方」からのアンケートを元にランキング形式で記述していますので参考にしてください。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。