3限: 単価

フリーランスのjavascript案件の単価はいくら稼げる?在宅案件はある?

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

エンジニアの方の中には、自分でフリーランスとして案件を受注した方が稼げるのではないか?と考えている人も少なくは無いのではないでしょうか。

基本的には、同じ仕事であれば会社で仕事をするよりもフリーランスで仕事をしていた方が稼げると言えるでしょう。

しかし会社に所属していると安定した仕事量と、報酬が貰えますので今会社に所属している方の中には、フリーランスになりたくても安定を求めてしまう為に転向できないという方も少なくはないでしょう。

確かに生活をする上で安定した収入という物は大切になりますが、本当にフリーランスのエンジニアは安定して稼ぐことができないのでしょうか。

そこで今回は、javascript案件をメインに受注するとどれくらい稼ぐことができるのかという事についてご紹介していきます。

こjavascript案件の単価はおいくら?

『javascript案件』は経験年数にもよりますが月40万〜110万円の案件があります。平均すると月60万円前後が多いです。

javascript案件は稼げるの?

まずはjavascript案件はそもそもどれくらい稼ぐ事ができるのかという事についてご紹介します。

前述しているように、基本的にはjavascript案件は経験年数や技術力によって報酬の金額が大きく変化する案件になっています。

例えば実務未経験でプログラミングスクールを卒業したてのエンジニアの場合は、週5日の勤務で25万円から30万円となっています。

ですが、年数と経験を積んでいくと、3年目からは60万円以上の収入がみこめるようになるのです。

筆者の私は現在31歳で25歳くらいからWEB業界で正社員をしております。領域はフロントエンドと少しバックエンドでした。28歳の時にフリーランスに転向し、現在は vue.jsと Rails の案件で月100万円で企業様と契約をしております。

フリーランスとして働くのか、それとも会社で働くのかという事は、それぞれの経験年数で考えた方が良いかもしれません。人によって誤差があるかもしれませんが2〜3年は経験があると良いでしょう。

というのもフリーランスになると、年金や健康保険などは自分で掛けなくてはなりませんから、あまり経験がなくて25万円の報酬を得たとしたら、手元に残るのは20万ほどになりフリーランスのメリットがなくなってしまいます。

それだと暫くは、会社に入っておいた方が社会保険は会社が半分負担してくれますので、費用は安く済みます。

経験と実績が必要な物でもありますので、他の人の技術を盗み成長する事も未経験ならば必要だと言えるのではないでしょうか。

ですからオススメは業務未経験の人は経験を積んでフリーランスへ転向する方法です。

2年の経験がある人は40万円から70万円が相場になっていますので、2年間は頑張って経験を積んでみましょう。

週5日の常駐案件ばかりなの?

フリーランスになったら、自由な働きかたができる!時間に縛られない働きかたができる!なんて言葉を耳にした事はありませんか?

確かにフリーランスで活躍している人たちの中には、自分の好きな時間に働く人や、好きな日に働く人がいます。

しかし JavaScript案件の場合には、どうしても常駐という形が多くなってしまう為、働く時間や曜日が指定されてしまいますので、自由に働くという事は難しいかもしれません。
(2018年9月現在、案件数は多くなりつつありますので状況が変わりつつあるかもしれません)

在宅ですと、認識の齟齬を無くすための「コミュニケーション能力」が大切です。
現在が、コミュニケーションが上手くいっていない、もしくは上司に怒られてばかり、という方はフリーランスになってもディレクターなどから怒られる可能性もあるのだという事を知っておきましょう。
ですが、決してめげないでください。それはチャレンジしているからこそ訪れるものです。

基本は常駐の案件が多いです。
日数も週に5日となりますので普通のサラリーマンと変わらないと思ってしまう人も少なくはないですよね。

ですから週に2日から3日の常駐案件も存在します。ですが、そう考える方も少なくはないでしょう。獲得するにはそれなりに経験やスキル、実績が必要になってきます。

これは常駐の日数を減らすと作業時間を減らすわけですから、仕事の早い人が欲しいという事になりますので、採用の基準が上がってしまう為なのです。

自分に合った働き方が出来る案件をエージェントにお問い合わせして探してみましょう。

今後JavaScript案件で稼げなくなる可能性は?

よし明日からフリーランスになろうと思った方の中には、でも今は良いかもしれないけれど、今後無くなってしまったり、少なくなってしまったりする事は無いのか?と不安になってしまったという人も少なくはないでしょう。

しかし、その点は安心してください。

JavaScriptは20年近く利用されてきた歴史の古いプログラミング言語なのですが、まだまだWebコンテンツを中心に活躍が期待できる言語でもあります。人気絶頂で衰えを知らない下記のようなフレームワークもあります。

  • Vue.js
  • React
  • Angular

特にGoogle、Facebook、サイバーエージェント、Adobeなどでも上記は使われているなど、現在も広く世界で最も利用されているプログラミング言語になっているのです。

そのことから、今後もJavaScriptの需要は高く維持されるという事が考えられ、さらにスマホなどのハイブリッド化が進むとJavaScript案件の需要も増えていくと予測されているのです。

JavaScript案件をご紹介

案件を探したいという方にオススメな案件を数件ご紹介します。

【JavaScript】仮想通貨ウォレット開発
契約金額 ¥800,000/月 〜 ¥900,000/月
作業内容 仮想通貨ウォレットの管理用画面の追加開発。
必要スキル JavaScriptの実装スキルある。
その他についても複数の技術を使用するがキャッチアップできれば経験は不問。 (詳細は別途お答致します。)
また、仮想通貨の知識は不要。
勤務地 東京23区
期間 即日〜2018年9月
担当者のコメント ・面談1回
・服装はスーツを想定。(ネクタイ不要)★お支払金額=上記契約金額(共同受注金額)×88%+消費税 ※消費税を別途お支払致します。
スキルキーワード JavaScript
契約形態 共同受注

https://pe-bank.jp/work/project/245/【javascript】仮想通貨ウォレット開発.html

エンタメ系の次世代型集客サービス Javascript
契約金額 ¥800,000/月 〜 ¥850,000/月
作業内容 エンタメ系の次世代型集客サービスにおける
業務アプリケーション(フロントエンド/バックエンド)の要件定義、設計、開発、テスト
必要スキル 必要スキル:  ・クライアントサイドの開発経験5年以上
JavaScript、jQuery、CSS、HTML
※高いコーディング能力・生産性を求めます
・顧客の業務内容や業務ロジックを理解できる方
・要件定義に携わった経験をお持ちの方
・業務系アプリケーションの構築経験(基本設計〜テスト)
・不明点はロスなく都度確認できるコミュニケーション能力
尚可スキル:  ・下記技術要素のご経験
・Java8
・MySQL
・Spring Boot
・Seasar2
・Couchbase
・Apache
・Tomcat
・CentOS6
勤務地 東京23区
期間 即日〜長期
担当者のコメント 求める人物像: 〜45才まで
外国籍不可
募集人数:1名
面談回数:1回
勤務時間:10:00 〜 19:00
スキルキーワード JavaScript  HTML5 / CSS

https://pe-bank.jp/work/project/245/エンタメ系の次世代型集客サービス%E3%80%80javascript.html

ABOUT ME
管理人
管理人
管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

あわせて読みたい
現役フリーランスエンジニアがオススメする優良エージェント8選本日は現役のフリーランスである私が本当にオススメする優良エージェントについてご紹介していきます。 ランキングをすぐに見たい方はこちらを...