言語別の単価相場

【2022年版】インフラのフリーランスエンジニアを大研究!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

インフラのフリーランスエンジニアになりたい人のために、インフラフリーランスを徹底解剖します!

インフラフリーランスの実態

インフラフリーランスの実態がどのようなものなのか、まだフリーランスになっていない方でもイメージしやすいようにご紹介します。

インフラフリーランスと正社員の仕事内容の違い

インフラのフリーランスと正社員で、仕事内容自体に大きな違いがあるわけではありません。

ただし、フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決められます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

インフラフリーランスの必須スキル

インフラフリーランスとして、高単価案件を受注するために必要なスキルがあります。

大手エージェントのレバテックのサイトを確認すると、単価が80万円以上する案件の条件には共通点があります。

それは、要件定義や設計などの上流工程やマネジメントの経験があるということです。

インフラフリーランスとして高単価案件を獲得したいのであれば、要件定義、設計やマネジメントの経験を積み、スキルを磨いておきましょう。

インフラフリーランスの将来性

インフラフリーランスは、今後も高い需要が見込めます。

Webサービスやゲームなどの市場が大きくなるにつれて、インフラエンジニアの需要は高まっています。

今ではあらゆる人がWebサービスの恩恵を受けています。また、ゲームの市場も右肩上がりなので、サービスのインフラを整えようとする企業が多くなることが予想されます。

また、サーバーやネットワークのクラウド移行ニーズも高まるでしょう。既サーバーやネットワークをクラウドに移行している企業は増えてきており、クラウド環境のインフラ整備を行う案件が増えることが予想できます。

これらの理由から、今後もインフラ案件の増加が見込めます。

インフラフリーランスの案件の徹底解剖

インフラフリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

インフラフリーランスの案件数

インフラフリーランスの仕事は、膨大な数のWebサービス、システム、アプリケーションなどのインフラ環境を整える仕事ですので、インフラフリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは、インフラフリーランス案件が4356件あります。

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、12,229件ものインフラ案件が紹介されています。

これだけ案件数があれば、案件獲得で困ることはありません。

インフラフリーランスのリモート・在宅案件

インフラフリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が476件見つかりました。

最近は、クラウドで稼働するWebシステムが増えていることもあり、自宅で作業することが以前よりも容易になっています。こうした背景があることもあり、インフラフリーランスのリモート・在宅案件は徐々に増えています。

インフラフリーランスの週3日案件

インフラフリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが、存在します。

こちらもレバテックで調べてみると、インフラの週3日案件が9件あります。

現在、週に2~3日の案件はレバテックだけで9件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件もわずかに存在します。

希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

インフラ未経験者向けの案件

インフラフリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもインフラの実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、インフラの実務経験が浅い人でも参画可能な案件は27件あり、求める条件がインフラの実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

インフラの開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても臆せず応募してみましょう。

インフラフリーランスの平均収入・単価相場

気になるインフラフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。正社員の平均年収との比較もしているので、フリーランスになろうか迷っている正社員の方は参考にしてみてください。

インフラフリーランスの平均収入

インフラフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が68.2万円、最高単価が200万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が818万円、最高年収が2,400万円です。

インフラフリーランス案件の平均単価は、フリーランスのエンジニアの平均単価と近い金額になっています。

しかし、正社員よりは平均収入が多いので、お金を稼ぎたい人はフリーランスとして案件を獲得することをおすすめします。

インフラフリーランスのフレームワーク別の平均収入

インフラ案件は、職種ごとにも平均収入が異なります。

再度、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、インフラのフレームワークの月額平均単価は、Microsoft Azureが110万円(年収1,320万円)、Herokuが102万円(年収1,224万円)、APLが100万円(年収1,200万円)、Sinatraが100万円(年収1,200万円)となっています。

したがって、インフラ案件で高収入を得たいのであれば、Microsoft Azure、Heroku、APL、Sinatraなどの単価が高くなりやすいフレームワークの案件に応募するようにしましょう。

また、次のインフラのフレームワーク別の案件数グラフを確認すると、AWSが2691件、Linuxが2135件、WindowsServerが1758件となっています。

案件獲得の安定性を求めるのであれば、案件数が多いAWS、Linux、WindowsServerの案件をこなし経験を積むことをオススメします。

インフラ正社員の平均収入

インフラ正社員の平均年収は、求人ボックスを参考にすると、年収547万円となっています。

日本の平均年収よりは高くなっており、30代中旬ごろには、平均年収に到達する人が多いようです。

収入面では正社員はフリーランスよりも少なくなりやすいですが、収入よりも安定を重視したい人は正社員でいた方が良いでしょう。

インフラフリーランスが平均収入から高収入になるための秘訣

インフラフリーランスとして、収入を上げるためには次のことを意識すると良いです。ここでは、高単価案件を獲得するために必要なことをお伝えします。

クラウドや仮想化・コンテナの開発経験を積む

今ではサーバーやネットワークは、クラウドに移行されてクラウド環境で業務が進んでいます。

そのため、クラウド環境の基本となるサーバーやネットワークの仮想化、それに加えてコンテナ技術について開発経験があると、企業側にインフラ案件を任せられる優秀なインフラフリーランスと評価され、高単価案件を獲得しやすくなります。

クライアントとのコミュニケーションスキルやベンダーコントロールスキル

プロジェクトを着実に進めていくためには、クライアントとコミュニケーションをとったり、ベンダーコントロールのスキルが必要になります。

ベンダーを上手く取りまとめることができれば、プロジェクトをうまく推進し、高品質な納品ができるため単価が上がりやすいです。

インフラ全体を最適化する設計スキル

インフラ案件の開発を進めるだけでなく、インフラ全体の設計からプロジェクトに携わることができれば、コードが書けるエンジニアよりも単価が高くなります。

高単価案件が獲得したい人は、インフラ全体を設計する経験を積んでおきましょう。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。