言語別の単価相場

【2022年版】Javaのフリーランスエンジニアを大研究!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

Javaのフリーランスエンジニアになりたい人のために、Javaフリーランスを徹底解剖します!

Javaフリーランスの実態

Javaフリーランスの実態がどのようなものなのか、まだフリーランスになっていない方でもイメージしやすいようにご紹介します。

JavaScripフリーランスと正社員の違い

Javaのフリーランスと正社員を比較すると、仕事内容に違いはありません。

フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決められます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

Javaフリーランスの必須スキル

Javaフリーランスとして、高単価案件を受注するために必要なスキルがあります。

大手エージェントのレバテックのサイトを確認すると、単価が80万円以上する案件の条件には共通点があります。

それは、Springboot又はSpringを用いた開発経験があるということです。

Javaフリーランスとして高単価案件を獲得したいのであれば、SpringbootやSpringを使用した開発経験を積み、スキルを磨いておきましょう。

Javaフリーランスの将来性

Javaは将来性の高い言語で、今後も高い需要が見込めます。

Stack Overflow Developer Surveyのリサーチ結果では、Most Popular Technologies(最も人気のあるテクノロジー)で上位にランクインされています。

Javaは、世界中の基幹システムに使用されている言語であり、Javaを採用する開発案件は多いです。

また、近年はAndroidアプリ開発でもJavaが活用されており、アプリ開発はまだまだ伸び盛りですので、今後もJava案件の増加が見込めます。

Javaは、Googleが開発に使用しているGoogle三大言語(Java、C++、Python)の一つです。応用力がある言語なので多くの開発現場で使用されており、非常に人気のある言語です。

Javaは、システム開発、Web開発、アプリケーション開発など、様々な種類の開発に用いられ、どんな環境でも活用できる利便性もあるため、今後も案件数は十分にあると予想できます。

Javaフリーランスの案件を徹底解剖

Javaフリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

Javaフリーランスの案件数

Javaは世界中の開発現場で重宝されているので、Javaフリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは、Javaフリーランス案件が5791件あります。

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、25,326件ものPHP案件が紹介されています。

Javaは開発言語の中でも案件数が多い方なので、案件獲得で困ることはありません。

Javaは、案件数が多い優良な言語です。

Javaフリーランスのリモート・在宅案件

Javaフリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が612件見つかりました。

自宅作業であってもプロジェクトを推進できるという場合は、リモート可能にしている企業も多いです。

セキュリティの観点、チームメンバーが多く遠隔ではマネジメントしにくいなどの理由から、自宅作業は認めていない企業もありますが、リモート可能にしている企業も増えてきているので、今後Javaのリモート・在宅案件はますます増えることが予想されます。

Javaフリーランスの週3日案件

Javaフリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが、存在します。

こちらもレバテックで調べてみると、Javaの週3日案件が57件あります。

現在、週に2~3日の案件はレバテックだけで57件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件も存在します。

希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

Java未経験者向けの案件

Javaフリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもJavaの実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、Javaの実務経験が浅い人でも参画可能な案件は76件あり、求める条件がJavaの実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

Javaの開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても臆せず応募してみましょう。

Java案件の種類

ここでは、Java案件には、どのような案件の種類があるのかを解説します。

業務システム開発

最も案件数が多いのが、業務システム開発の案件です。

大企業から中小企業まで様々な業務システムをスクラッチで開発することは多いので、それらの案件は豊富に見つけることができます。また、業務システムには、会計処理、受注管理、コミュニケーションツール、オンラインサービスシステムなど、とても幅広く存在しています。

業務システム開発案件は多いですが、Javaは人気な言語ということもあり他のJavaエンジニアも狙っていますので、案件を受注しやすいようにJavaを使用した開発実績を積んでおきましょう。

Androidアプリ開発

Android OSで動作するモバイルアプリの多くは、Javaを使用して開発されています。

国内のスマートフォンOSのシェアは、Androidが最も多くなっており、今も様々な種類のAndroid OS用のモバイルアプリが開発されています。こうした市場の状況があるため、Android OS用のモバイルアプリ開発案件は、たくさん募集されています。

また、小規模なアプリから、大規模で複雑なアプリまで様々ななタイプがあり、開発するアプリの規模や機能によって必要なスキルが変わるため、様々な開発規模の案件に対応できるようにしておくと、高単価案件を狙いやすいです。

組み込み/IoT開発

Javaはどんな環境でも開発できるため、組み込みソフトウェアにも活用されます。

今では小さくて性能の良いCPUがありますので、小型の機器にもJavaを入れて動かせるようになりました。それにより、今まではC言語を使用しようしていた企業も、Javaに移行するケースが増えてきているため、Javaの案件数も増加傾向にあります。

Web開発

動的なWebサイトやアプリケーションを作るために、Javaが使われるケースが多く、Java案件の中にもWeb開発案件は多いので、Web開発プロジェクトに携わっているJavaフリーランスの方も多いです。

Java案件では業務システム開発と同じくらいWeb開発の募集が多いため、Web開発案件も狙い目です。

Javaフリーランスの平均収入・単価相場

気になるJavaフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。正社員の平均年収との比較もしているので、フリーランスになろうか迷っている正社員の方は参考にしてみてください。

Javaフリーランスの平均収入

Javaフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が63.1万円、最高単価が200万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が757万円、最高年収が2,400万円です。

Javaの案件は、案件数が多く需要が高いと同時に供給も多いため、特に単価が高いというわけでもありません。

しかし、正社員よりは平均収入が多いので、お金を稼ぎたい人はフリーランスとして案件を獲得することをおすすめします。

Javaフリーランスのフレームワーク別の最高収入

Java案件は、職種ごとにも平均収入が異なります。

再度、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、Javaのフレームワークの月額最高単価は、SpringBootが180万円(年収2,160万円)、PlayFrameworkが160万円(年収1,920万円)、Java EEが140万円(年収1,680万円)、Springが140万円(年収1,680万円)、JUnitが140万円(年収1,680万円)となっています。

下記のグラフを参考にすると、特にSpringBoot、PlayFrameworkの単価が高額になっていることが分かります。

また、Javaのフレームワークの公開フリーランス案件数も見てみると、Springが2214件、SpringBootが840件、Strutsが639件となっており、Javaの中でもたくさんの案件数が確認できます。

したがって、Java案件で高収入を安定して得たいのであれば、SpringBootやSpringといった、月額最高単価が高くて公開案件数が多いフレームワークの案件に応募するようにしましょう。

Java正社員の平均収入

Java正社員の平均年収は、求人検索エンジンスタンバイを参考にすると、年収552万円となっています。

30代中旬ごろには、平均年収に到達する人が多いようです。

収入面では正社員はフリーランスよりも少ない傾向ですが、収入よりも安定を重視したい人は正社員でいた方が良いでしょう。

Javaフリーランスが平均収入から高収入になるための秘訣

Javaフリーランスとして、収入を上げるためには次の経験を積むと良いです。ここでは、高単価案件に応募する際に評価される経験をお伝えします。

大規模なチーム開発能力

Javaの開発は、たくさんのプロジェクトチームメンバーで推進していくことが多いため、個人プレーではなくチームプレーで高品質な納品をすることが求められます。

そのため、Java言語についてのスキルだけでなく、チームで良い成果を出すために必要なコミュニケーション能力も重視されるので、大規模開発案件をいくつかこなした実績をつくっておきましょう。

そうすれば、企業側に大人数でプロジェクトを進めていくことに慣れているとみなされるので、比較的高単価になりやすいJavaの大規模案件を受注しやすくなります。

AWSなどクラウドサーバーの知識

最近では、AWSなどのクラウドサービスを使用して業務システムを構築するケースが増加しています。

そのため、AWSのようなクラウドサービスを利用して業務システムを構築するインフラ領域の知見や実績があれば、高単価案件の受注を見込めます。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。