1限: 基礎知識

フリーランスのエンジニアとして働くメリット・デメリットとは?

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

フリーランスのエンジニアとして働く事を検討している人に向けて、フリーランスのエンジニアになるメリット・デメリット、それぞれについて説明していきます。

フリーランスのエンジニアとして働くメリットとデメリット

さっそくフリーランスのエンジニアとして働くメリットとデメリット、それぞれについて確認していきましょう。

メリット1:束縛されない自由が手に入る

まず一番のメリットは自分の自由な時間が増えるという事です。フリーランスのエンジニアなら、完全リモートで全ての仕事を行うこともできますし、週2~3日だけ企業で仕事を行なって報酬をもらうという働き方も可能です。

メリット2:月収100万円といった高額報酬をもらえる

エンジニアは他のフリーランスの職種よりも報酬が高い傾向にあります。アプリの開発1件で100万円以上の報酬がもらえる案件もありますし、企業に常駐して開発を行う場合でも毎月100万円以上の高報酬をもらえる案件が多数存在します。

エンジニアの報酬について

エンジニアの場合、週2~3日の勤務で30万円以上の報酬をもらうことも案件によっては可能です。ちなみにCODEAL(コデアル)というサイトは出社頻度から案件を絞り込むことも可能で、完全リモートの案件も多く紹介しています。

在宅フリーランス必見!「CODEAL(コデアル)」を有効活用して仕事を探そう

メリット3:本当にやりたい技術をとことん追求できる

エンジニアの数は現在圧倒的に不足していて、ある程度のスキルがあればすぐにその仕事に就くことが可能です。ちなみにフリーランスエンジニア向けの求人・案件紹介サービスのレバテック フリーランスでは、未経験からエンジニアになるまでをサポートするサービスも用意しています。

未経験からエンジニアを目指しませんか? レバテックビギナーがスクール選び・就職活動をサポートいたします!

メリット4:社内政治に関わることがなくなる

社内政治に巻き込まれるとろくなことがありませんね。したくもない人にへこへこしたり、上司より先に帰ってしまっては、、、と悩むことは一切なくなります。自分の例ですと、前までは上司の顔色をすごく伺っていて、どうしたらいいんだろうと悩む時間があって無駄な時間と精神を費やしていました。それがフリーランスになって一切無くなってストレスフリーの毎日を遅れているというのはとても良かったことです。

デメリット1:高いスキルが求められる。

フリーランスのエンジニアは会社員のエンジニアとは違って、自分の技術やスキルが一番の商品になり、会社もそれを求めて採用をすることになります。よって出来るといっていたスキルが実は備わっていなかったり、自分でわからない事も解決していけるスキルがないと、会社にとっては採用した意味がなく、コストだけが無駄に発生してしまう事になるため、契約が早期に終了してしまう可能性もあります。

デメリット2:営業から経理まで全て自分で行う必要がある。

フリーランスのエンジニアになる事を検討されている方の中には、「開発だけに集中したくてフリーランスになりたい」と考えている人も中にはいらっしゃるかと思いますが、場合によっては仕事を獲得する営業から経理まで、全て自分で管理する必要が出てきます。

フリーランスのエンジニアとして企業で働く場合であれば営業は必要ありませんが、それでも確定申告は必ず行う必要があります。働き方を間違ってしまうと会社員の時以上に開発に集中できないという可能性もありえますので、事前に調査・検討をした上で仕事を選択する必要があります。

デメリット3:週5で客先常駐だと会社員と変わらない

デメリット2に関連しますが、フリーランスのエンジニアになっても週5日で客先常駐の働き方をすると、会社員のエンジニアとして働く場合とほぼ変わらないことになってしまう可能性があるので注意しましょう。会社員の時よりも報酬が大きく増えるなどしっかりとしたメリットがあればいいですが、そうでなければフリーランスとして働く意味がありません。

デメリット4:もらえる年金が少なくなってしまう可能性がある。

エンジニアに限らずですが、フリーランスになると国民年金のみの支払いになるため、老後にもらえる年金が少なるケースがあります。ちなみに国民年金の支給額は満額で64,941円(平成30年度の金額)厚生年金の平均受給額は14万5,638円となっているため、国民年金をマックスで納めても厚生年金の場合は、半分以下の金額しか支給されないことになります。

気になる年金受給額。平均いくらもらえる?

フリーランスのための年金制度

フリーランスでも付加年金や国民年金基金といった制度を利用すれば、国民年金の支給額に上乗せしてお金をもらう事も可能です。不安な方は活用してみるのも1つ手でしょう。

老後対策大丈夫?知っておいて損はない「フリーランスの年金事情」

まとめ

フリーランスのエンジニアになることを検討されている方は、メリットだけではなくデメリットについてもしっかりと把握しておくことが大切です。デメリットの中にも、しっかりと対策することでリスクを減らせるものがありますので、フリーランスとして働く前に、しっかりとした準備を行うように気をつけましょう。

ABOUT ME
管理人
管理人
管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

あわせて読みたい
現役フリーランスエンジニアがオススメする優良エージェント8選本日は現役のフリーランスである私が本当にオススメする優良エージェントについてご紹介していきます。 ランキングをすぐに見たい方はこちらを...