収入アップ

フリーランスエンジニアの「初年度の年収」と「今の年収」の比較

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

フリーランス学校の管理人です。私は25歳からWebエンジニアをしており、3年の経験を経て28歳でフリーランスになりました。フロントエンジニアで自信が無かったですが2年で月収100万円を達成しました。フリーランスの魅力や裏側事情、単価交渉のノウハウまでお役に立てれば幸いです。質問等ありましたら気軽にお問い合わせください。

こんにちは、管理人です。
本日は、フリーランスになった年度の年収と、今の年収について比較していこうと思います。

フリーランス初年度(2016年):720万円
現在(2018年):1200万円+α

2年で400万プラス(1.67倍)になりました。

フリーランス初年度の年収

ちなみに、フリーランス前の年収などはこちらを参照願います。

フリーランス初年度は右も左も分からなかったですが、月単価は常にいただけておりました。

自分はエージェントを通して面接をして、最も良いと思った会社様に常駐するという形の契約で月単価は60万円でした。

自分としては正直に言うと、「よっしゃ!!高い給料や!!」と天狗になっていました。笑
今となっては普通よりちょっと良いくらいの印象です。大手だということもあり、毎月15日に必ず入金されていました。

初年度は、その60万円から1円も単価は上がりませんでしたが(単価交渉というものを知らない時代)、余裕を持って暮らせているし前職の2倍くらいあったのでホクホクでした。

フリーランスの初年度の単価は平均すると50万〜70万くらいに収まるのではと思っております。もちろん経験がずば抜けていれば初年度から100万くらいをいただくことは可能でしょう。

しかし、フリーランス初年度ですと先方にもその情報が伝わりますので単価は50万〜70万くらいに落ち着くように感じます。

現在の年収(2018/11/20)

現在の年収は、正直な所1200万+αです。笑

月単価は100万円で、その他(微々たるものですが)サイト制作案件を個人でやったり、転職の支援をしたり、このサイトの売上がすこーしあったりするため、平均して月110万-120万口座に入ってきているかなぁと思います。

2016年の頃に比べると技術も上がり、視野も広がり、より安定性が増しているように感じます。やはり初年度は怖かったです。

もしかしたら、「職が無くなるんじゃないか」、「自分は実力が足りないんじゃないか」、などと不安がありましたが、2年ほどフリーランスを経験してその不安も殆どなくなりました。

(殆どというのは、自分の実力は自分で判断してみてまだまだ至らないポイントがあるなぁと見えますしさらに精進していかないといけないという思いが出てきますのでその時に少し不安がありますね。笑)

この向上の裏側は以下に記述します。

2年間何を継続していたか

まず、2年間で400万UPをどう見るかですが、皆さんはどう見ますでしょうか?

少ないと思いますか?
多いと思いますか?

自分の考えを述べますと、同じくらいの時にフリーランスになった友人達と比べて見た時に、このUP率は4人中、上から2番目でしたので普通よりは多いけど、多すぎることはない、と考えています。

最も年収が上がっている友人は、フリーランス初年度が月30万で期の終わりに月80万に上げ、現在は月120万のインフラエンジニアです。

彼は自分から見ても特別で完全に経営視点を持った、ほんとに優秀な人だと見えています。
普通は自分くらいだと思います。笑

前置きが長くなりましたが、何を継続していたかですが、「①業務内でのチャレンジ(勉強)」と「②分からない単語をひたすら調べる(こっちが重要)」です。

100mダッシュのように全力!!というわけではないですが、継続しました。

①は、その時ある知識領域のタスクをこなすだけはなく(時には必要ですが)、新しい物事を取り入れようとチャレンジします、勉強しながらやってみます、というスタンスを継続しました。

②は、とても重要です。webの領域に進んでいる人なら分かると思うのですが、分からない単語がひたすら出てきます。それにやられてしまったら最後挫折です。挫折しないためにも必ず調べましょう!!
私は一度挫折した後、「IT」「web」「コンピュータ」「http」などの基本ワードから、あらゆるワードをwikiなどを使って何度も調べました。それをやるようになった辺りから自信が付きはじめ、単価も上がっていったのではないかと考えております。

ぜひこれからフリーランスになろうと思われている方は今のうちから、出来る範囲で構いませんのでチャレンジしていってみましょう!

フリーランスで平均年収800万円以上は簡単

みなさんは、フリーランスはハードルが高いと思っていませんか?

エージェントにサポートしてもらえば、フリーランスでも就職するのと同じ難易度で案件を獲得することができます。実は、私は最初は正社員として就職しようとしたのですが、10社の面接をすべて落ちてしまい、フリーランスとして活動し始めました。

そして、フリーランスとして活動を始めてからすぐに案件を獲得でき、いきなり月収が60万円になりました。

フリーランスの平均年収は862万円(レバテック調べ)で、エージェントと協力すれば、案件獲得はさほど難しくはありません。

最初は不安や恐怖を感じるかもしれませんが、あなたも1歩踏み出せばフリーランスとして活躍できます。ぜひ、その1歩を踏み出してみてください。

エージェントを使うメリット

エージェントを使うメリットはたくさんあります。

例えば、「希望の仕事を見つけてくれる」「炎上案件を排除してくれる」「単価交渉をしてくれる」など、面倒な契約周りを簡単にしてくれ、万が一ミスした時もエージェントが間に入ってくれたりします。

エージェントの活用は本当におすすめです。私も最初は月単価が60万円でしたが、エージェントに単価交渉をお願いしたことで、月単価160万円まで上げることができました。わずか数年間で100万円の月単価アップです。

ぜひ、エージェントとの面談で自分の市場価値を確かめて、単価を高めるにはどんな技術が必要かを聞いてみてください。エージェントから、自分の市場価値を高めるための有益な話を聞けるでしょう。

また、フリーランスとして稼ぐためのサポートを受けられるだけでなく、税務関係のお得な情報を教えてもらえたり、キャリアパスの相談に乗ってもらうこともできます。

これからオススメするエージェントは、掲載数、掲載案件の質、どれも群を抜いて良いので、ぜひ登録してエージェントと連絡をとってみてくださいね。

私もそうですが、稼いでいるフリーランス仲間は、たくさんのエージェントに登録して、色々な案件を見比べながら自分の条件にぴったり合った案件を獲得しているので、全て登録するくらいで良いと思います。

ぜひ、最高の案件を獲得して、一緒に素敵なフリーランスライフを謳歌しましょう!!

フリーランスのエンジニア全員にオススメしたいエージェント8選

さっそく8つのエージェントそれぞれの特徴について整理していきます。

ランキング1位 ミッドワークス
安定性も捨てがたいエンジニアの方はチェックしてみましょう。年金や保険がネックでフリーランスになる事をためらっている人に、特に向いているサービスといえます。
評価
ポイント1 年金や保険などの社会保険料を半額負担してくれる。
ポイント2 書籍・勉強会費用を毎月1万円まで、交通費を毎月3万円まで支給してくれる。
ポイント3 仕事が決まらなかった場合でも報酬の8割を保証してくれる給与保証制度がある。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 ギークスジョブ
高単価案件の安定した紹介が見込めるのが特徴です。SE、プロジェクトマネージャー、デザイナー、テスターはもちろん様々な職種までカバーしています。15年の支援実績と豊富な案件数が魅力のギークスジョブ。ギークスジョブ経由で仕事が決まり、年収が3倍になった人もいます。
評価
ポイント1 平均年収は840万円以上で、成約率が80%と高い。
ポイント2 東京以外にも大阪、名古屋、福岡など複数に拠点を置いている。
ポイント3 報酬の受け取りは、通常60日のところが25日。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 レバテックフリーランス

フリーランス斡旋会社の最大手です。実績と信頼がピカイチな会社で、認知度も高く誰もが推薦する1社です。支払いスピードがどこよりも早くサポートも手厚いです。半年毎に開催される感謝祭や勉強会も魅力の1つです。

評価
ポイント1 1次受けの案件がほとんどで報酬がとても高く見込めます。
ポイント2 扱っている求人案件は最多。デザイナー・ディレクター・PM・SEなど。IT系なら基本案件はあります。
ポイント3 支払いが翌月15日と業界最速。

詳細ページ公式ページ

ランキング4位 PE-BANK
北海道〜九州エリアまで、首都圏以外の案件も広くカバーしているため、地方在住の人も登録しておきたいエージェントといえます。福利厚生や健康サポートも充実していて、取引企業との契約内容をすべて公開してくれるユーザーに寄り添ったエージェントです。
評価
ポイント1 エンジニア向けのエージェントの中で、もっとも歴史のある会社。
ポイント2 登録しているエンジニアの平均年収は800万円以上。
首都圏だけではなく地方にも事業所があり、案件を広くカバーしている。
ポイント3 利用する期間が長くなるほどマージンが低くなる。最初は12%で、2年以上継続して利用すると8パーセントまで下がる。

詳細ページ公式ページ

ランキング5位 ポテパン
実務経験がなくても、しっかりとしたスキルがあればエンジニアとしてデビューできるのが、ポテパンフリーランスの魅力です。初心者の方はチェックしておきましょう。

 

評価
ポイント1 エンジニア初心者向けのエージェント。実務経験がなくても応募できる未経験者可の案件がある。
ポイント2 月収100万円以上の高額案件も。
ポイント3 3ヶ月で現場に出れるレベルまで育てる「ポテパンキャンプ」というサービスがある。10万円で受講可能で、ポテパンで仕事が決まれば全額キャッシュバックとなる。

詳細ページ公式ページ

ランキング6位 IT求人ナビ フリーランス
業界最大規模の案件数があり、エージェントに手厚いサポートをしてもらえるので、年収アップした人が多数います。案件紹介だけでなくキャリアアップのコンサルティングもしてもらえるので、キャリアパスを相談したい人にもピッタリです。
評価
ポイント1 2万件以上の業界最大規模の案件数があり、大企業の案件も多い。
ポイント2 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。
ポイント3 フリーランスの支援実績が長く、手厚く親身なサポートが受けられる。

詳細ページ公式ページ

ランキング7位 Tech Stock
スキルが高い人向けのエージェントになります。スキルに自信があり高額な報酬が欲しい人はチェックしてみましょう。また北海道の札幌で活躍するフリーランスエンジニア向けの特集もあるので、北海道の方はチェックしてみましょう。
評価
ポイント1 平均報酬が80万円以上と高め。100万円を超える案件を業界最大規模で保有する。
ポイント2 上流工程の案件も多い。
ポイント3 支払いが翌月15日と業界最速。

詳細ページ公式ページ

ランキング8位 テックビズ
独立経験のあるコンサルタントにフリーランスの立場に寄り添った提案をしてもらえます。また、確定申告を無料で代行してもらえることも魅力の1つです。案件決定率90%超、継続率90%超の優良エージェントなので、ぜひコンサルタントに色々と相談してみてください。
評価
ポイント1 深夜や土日を問わず対応してもらえる。
ポイント2 記帳や確定申告を税理士が一括無料代行。
ポイント3 フリーランスの活動をサポートする人気サービスと数多く提携。

詳細ページ公式ページ

リモート案件を獲得したい人向けのエージェント

リモートビズ
リモート可能な案件だけを扱っていて、リモートワークや時短で働けるので、ワークライフバランスを重視したい人はチェックしてみてください。自由な勤務体系を望む人や育児と仕事を両立したい人に人気があります。登録者が参加できる無料のオンラインサロンも魅力的です。
評価
ポイント1 ほとんど全てが直案件なので、高額な収入を確保できる。
ポイント2 リモート案件が豊富にあるので、地方での生活や育児・介護との両立が可能。
ポイント3 登録者限定の無料オンラインサロンを設けており、情報交換が可能。

詳細ページ公式ページ

平日ではなく土日稼働の案件を獲得したい人は

なかには土日稼働の案件が欲しい人もいるかもしれません。私のもとには、エージェント経由以外にもたくさんの案件が紹介されます。それら一つ一つの要望に応えたいのですが、私の時間も有限なので全てには対応できません。

そこで、この記事を読んでいる人で土日にエンジニアの仕事がしたいという人がいれば、仕事を発注したいです。条件や単価を相談させていただきたいので、希望者はスキルシートを添付してメールの件名に「案件希望」と記入してinfo@freelance-school.netにご連絡ください。

自分の単価を高めたい人は

私は、5年で年収を720万円から2,000万円までアップさせることができました。みなさん技術を重要視していますが、お客様にとって重要な存在になるためには、技術だけでなくコミュニケーション能力が重要です。

そして、とあるエージェントでは、担当者から直接「登録者の中で最も稼いでいるエンジニアですよ」と言われました。

ある重要なポイントを押さえて案件を進め、毎回同じ交渉の仕方をすることで、一度も失敗せずに毎回単価を上げることができたのです。

このように自分の単価を上げ続けている間に、自分だけではなく他の方が単価を上げるお手伝いがしたいと思い、現在は単価アップのコンサルティングも行っています。

最速で自分の単価を上げることに興味がある方は、私にご連絡ください。しっかりとヒヤリングさせていただき、依頼人のお悩みを解決できるように管理人が1時間5万円でコンサルティングを行っています。実際に、知人に30分コンサルティングを行ったところ、その1ヶ月後には月単価を10万円上げることに成功していました。月単価が10万円上がれば年収は120万円アップするので、5万円支払ったとしてもわずか1年で24倍の投資リターンです。

本気の方にとっては、安い投資になると思います。興味がある方は、メールの件名に「コンサルティング希望」と記入してinfo@freelance-school.netにご連絡ください。

最後に

ここまでお読みくださりありがとうございます。どのエージェントに興味を持ちましたか?

繰り返しになりますが、エージェントは複数登録した方が確実に良いです。

何社か平行して受けることで、高単価案件を獲得しやすくなります。また、自分の単価の平均値が割り出せたり、より多くの案件に触れることでやりたい事が明確化されていきます。

また、各社特徴が異なりサポートもそれぞれ違うので、自分に合ったエージェントを見つけるためにも複数登録しておきましょう。最初は連絡が来て面倒かもしれませんが、後々話を聞いてよかったとなるはずです。

さあ、素敵なフリーランスライフを一緒に送りましょう!

ABOUT ME
管理人
管理人
フリーランス学校の管理人です。私は25歳からWebエンジニアをしており、3年の経験を経て28歳でフリーランスになりました。フロントエンジニアで自信が無かったですが2年で月収100万円を達成しました。フリーランスの魅力や裏側事情、単価交渉のノウハウまでお役に立てれば幸いです。質問等ありましたら気軽にお問い合わせください。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

フリーランス学校の管理人です。私は25歳からWebエンジニアをしており、3年の経験を経て28歳でフリーランスになりました。フロントエンジニアで自信が無かったですが2年で月収100万円を達成しました。フリーランスの魅力や裏側事情、単価交渉のノウハウまでお役に立てれば幸いです。質問等ありましたら気軽にお問い合わせください。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

【2021年版】高収入案件が獲得できるエージェント8選!現役フリーランスエンジニアのオススメフリーランスで平均年収800万円以上は簡単 みなさんは、フリーランスはハードルが高いと思っていませんか? エージェントにサポート...