言語別の単価相場

【2022年版】C#のフリーランスエンジニアを大研究!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

C#のフリーランスエンジニアになりたい人のために、C#フリーランスを徹底解剖します!

C#フリーランスの実態

C#フリーランスの実態がどのようなものなのか、まだフリーランスになっていない方でもイメージしやすいようにご紹介します。

C#フリーランスと正社員の仕事内容の違い

フリーランスと正社員で仕事内容が変わるわけではありません、

ただし、フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決められます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

C#フリーランスの必須スキル

C#を用いたアプリ開発には様々な種類あるため、それぞれの種類によって必要になるスキルは異なります。

下記に開発種類ごとに必要なスキルをまとめました。

・web系(ブラウザで動くアプリ)
必要スキル: C#、Java、PHP、Ruby、Python、Visualbasic.NET…

・PCのクライアント系(WindowsとMacのパソコン上で動くアプリ)
必要スキル:WindowsはC#、Visualbasic.NET、C++、Delphiなど、MacはSwift…

・スマートフォンのクライアント系(AndroidとiOSのスマホ上で動くアプリ)
必要スキル:AndroidはJava、Kotlin、JavaScript、C#など、iOSはSwift、C#…

・組み込み系(ハードウェアに組み込むアプリ)
必要スキル:C、C++、Java…

大手エージェントサイトのレバテックでも、これらスキルが必要になる案件がたくさん掲載されています。

また、ゲーム開発に関するスキルではUnityが必要になりますが、最近では高単価のゲーム開発案件も増えているため、ゲーム開発案件に携わりたい人はUnityのスキルを磨いておきましょう。

C#フリーランスの将来性

C#は将来性の高い言語で、今後も高い需要が見込めます。

Stack Overflow Developer Surveyのリサーチ結果では、Most Popular Technologies(最も人気のあるテクノロジー)で上位にランクインされています。

C#は、大規模な業務用システムにも利用されており、これら大規模な業務用システムの改修や保守作業もあるため、今後も一定の需要が見込めます。

また、C#言語はゲームやVRの業界でも利用されており、これらの業界は今後も大きく成長すると言われているので、将来的にはC#の案件数はさらに増加することが予想できます。

C#フリーランスの案件の徹底解剖

C#フリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

C#フリーランスの案件数

C#は、業務系システム開発、Webアプリケーション開発、IoT開発、組み込みソフトウェア開発、ソーシャルゲーム開発、クラウドサービス開発など様々な案件で使用されるため、C#フリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは、C#フリーランスの案件が1,591件あります。

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、C#フリーランスの案件が4780件も紹介されています。

これだけ案件数があれば、案件獲得で困ることはありません。

C#は、案件数が多い優良な言語と言えます。

C#フリーランスのリモート・在宅案件

C#フリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が209件見つかりました。

C#は、仕様変更と開発を繰り返すアジャイル開発でプロジェクトを進めることが多いため、リモートではなく企業側へ常駐して仕事をする案件の方が多いです。

また、システム開発はセキュリティ上、業務で扱うデータや仕様が漏れるリスクを懸念して、企業側に常駐してもらい開発を進めることを希望する企業もあります。

ただし、今後このような動向が変化する可能性はありますので、エージェントサイトをチェックするなどして市場動向は定期的に確認するようにしてください。

C#フリーランスの週3日案件

PHPフリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが、わずかに存在します。

こちらもレバテックで調べてみると、C#の週3日案件が16件あります。

現在、週に3日の案件はレバテックだけで16件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件も存在します。

希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

C#未経験者向けの案件

C#フリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもC#の実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、C#の実務経験が浅い人でも参画可能な案件は35件あり、求める条件がC#の実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

C#の開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても臆せず案件を探して応募してみましょう。

C#フリーランスの平均収入・単価相場

気になるC#フリーランスの平均収入や単価相場について記載します。正社員の平均年収との比較もしているので、C#のフリーランスになろうか迷っている正社員の方は参考にしてみてください。

C#フリーランスの平均収入

C#フリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が59.3万円、最高単価が200万円となっています。

これを見る限りC#フリーランスの平均収入は、他の開発言語よりも高いことが分かります。

その中でも、当人の実務経験年数や保有スキルによっては、とても高単価の案件を獲得できます。

この後記載しますが、正社員と比較してもフリーランスの方が平均収入が多いので、お金を稼ぎたい人はフリーランスとして案件を獲得することをおすすめします。

C#フリーランスの経験年数別の平均収入

C#フリーランス案件の平均単価は、保有するスキルによって決まりますが、実務経験年数とある程度相関があります。

フリーランススタートの調査(2021年4月時点)を参考にすると、次の表のように実務経験年数によって単価相場が変化します。

C#実務経験年数1年未満 30万円前後 (年収360万円)
C#実務経験年数1年~2年 36万円前後 (年収432万円)
C#実務経験年数2年~3年 51万円前後 (年収612万円)
C#実務経験年数3年~5年 60万円前後 (年収720万円)
C#実務経験年数5年以上 72万円前後 (年収864万円)

表にあるように実務経験年数が増えるごとに単価が高くなり、C#の開発経験が5年以上になると年収1000万円が視野に入ってきます。

もちろん、実績や保有スキルによって単価が変わることは言うまでもありませんので、実務経験を積みながらスキルも磨きましょう。

また、表と比較して自分の収入が少ないようであれば、単価交渉をしたり、エージェントやクライアントの変更を視野に入れてみてください。実際に、エージェントやクライアントを変更して月間の単価が10万円以上アップするケースも多いので、上記の表に記載している数値を1つの指標にしてみてください。

C#正社員の平均収入

C#正社員の平均年収は、はたラボがまとめた内容を参考にすると、平均年収626.9万円となっています。

また、いくつかの転職エージェントサイトを確認すると、30代中旬ごろには平均年収に到達する人が多いようです。

収入面では正社員はフリーランスよりも少ない傾向ですが、収入よりも安定を重視したい人は正社員でいた方が良いでしょう。

ゲーム特化のC#フリーランスの平均収入・単価相場

C#エンジニアの中でも、ゲームが好きな人はUnityを使用するゲーム開発案件に取り組みたい人も多いので、ここではUnityフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。

もちろん、こちらでもUnity正社員の平均年収との比較をしているので、気になる正社員の方は要チェックです。

Unityフリーランスの平均収入

Unityフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が69.4万円、最高単価が150万円となっています。

ゲーム業界は成長が顕著な業界なので、ゲーム開発に使用されるUnityの需要は今後ますます増加することが予想されています。

現在の単価も他の開発言語と比較して低いということもありませんし、将来さらに単価が上がることも期待できます。

Unityフリーランスの経験年数別の平均収入

Unityフリーランス案件の平均単価は、APPSTARSフリーランスのまとめによると、Unityの経験年数と他のプログラミング言語の経験年数によってある程度決まります。

下記にUnityフリーランスとしての経験年数と他のプログラミング言語の経験年数を組み合わせた単価相場の表を掲載します。

これを見るとUnityの経験年数は同じであっても、他のプログラミング言語の経験年数(ゲーム・IT・WEB業界の経験年数)によって、単価相場が変化しています。

例えば、サーバーサイドやフロントエンド開発の経験やスキルがしっかりしていると判断されれば、Unityによる開発経験が1〜2年であっても、Unityによる開発経験が2〜3年のUnityフリーランスと近い単価相場になる場合があるということが分かります。

Unity正社員の平均収入

Unityt正社員の平均年収は、転職エージェントサイトであるレバテックキャリアを参考にすると、平均年収376万円となっています。

Unitytフリーランスの年収832.8万円と比較すると大きな金額差があるため、収入を重視するのであればフリーランスを選択し、安定や安心感を重視する人は正社員でいるのが良いです。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。