開業

フリーランスエンジニアになる前に!フリーランスとして成功する方法

The following two tabs change content below.
Y.M

Y.M

ライター兼マーケターのY.Mです。私もフリーランスとして活動しており、税務面で大変不安を抱えていましたがいざやってみると「なんとかなるもんだ笑」と実感しています。代表や周りのフリーランスSEの方のお話を参考に記事を書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

「正社員として頑張ってるのに収入少ない」「仕事が遅くまであって大変」「上司の無茶振りが多い」と思っていませんか?
フリーランスエンジニアになれば、このような悩みとは無縁の生活ができます!

朝はゆっくりと起床し、仕事は定時にあがることができ、仕事内容や仕事量も自分で決めることができ、同じ仕事をしていても正社員より多くの収入が得られます。
そんな憧れの生活が毎日できるように、本記事では正社員のエンジニアがフリーランスに転身して成功するために次のポイントについて言及します。

・フリーランスに転身するメリット

・フリーランスとして成功する人のタイプ

・フリーランスになる前にしておくべきこと

・自由に好きな案件を獲得する方法

・フリーランスの平均収入と収入を増やす方法

フリーランスエンジニアの人数は年々増えており、生計を立てることは、さほど難しくありません。

しかし、勢いだけでフリーランスになるよりは、きちんとプランを持ってフリーランスになった方がうまくいきやすいので、フリーランスになりたい人やなるかどうか検討している人は、ぜひこのまま最後まで読み進めてください。

後で詳しく述べますが、好条件の案件を獲得するにはエージェントの使用が最も効果的です。レバテックの調査ではフリーランスの平均年収は862万円となっており、エージェントを使用すれば、転職するのと同じ難易度で好条件の案件を獲得することができます。

今すぐフリーランス案件を獲得する

また、エージェントは次のようなサポートもしてくれます。どれもフリーランスを続けるために必要なことなので、エージェントを活用することで業務効率をよくすることもできます。

・条件(単価・契約時間・待遇)の交渉

・福利厚生

・請求書などの事務手続き

フリーランスエンジニアになるメリット

エンジニアはプログラミングという専門性の高いスキルを身に着けているため、フリーランスとして活躍している人の割合が多いです。

では、なぜ多くの人がフリーランスになるのでしょうか。

ここでは、正社員からフリーランスになるメリットを明確にします。

・収入が増える

・税金対策で使えるお金が増える

・好きな時間で自由に仕事ができる

・自分でやりたい仕事を選べる

・どこにいても仕事ができる

・プライベートが充実する

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

収入が増える

同じ仕事内容であったとしても、フリーランスであるというだけで収入が高くなります。プログラミングに使用する言語は複数ありますが、各言語の正社員とフリーランスの平均収入を比較すると、フリーランスの方が正社員の1.5倍以上多い収入を得ています。

これはクライアント側の人的リソースが不足しているからといった理由もありますが、正社員を雇う場合に発生する税金や保険料が必要ないことも理由となっています。

さらに、正社員であれば税金や保険料が自動的に引かれてしまい手取り金額が少なくなりますが、フリーランスであれば仕事に関わる支出や保険料は経費にできるので、税金対策を行い手取りの割合を増やすこともできます。

このような理由から、フリーランスの方が正社員よりもはるかに収入面で優遇されていることが明白です。

税金対策で使えるお金が増える

先ほど少し触れましたが、フリーランスであれば仕事に関わる支出や保険料を経費にして納税額を減らすことで、手取りを増やし自由に使えるお金を増やすことができます。

経費の例としては、PC、携帯料金、スキルアップのための本やセミナー、家賃、仕事の交際などがあげられます。

正社員であれば、携帯料金、本やセミナー費用も手取り金額から出さないと行けませんが、フリーランスであれば税金として支払うはずだったお金を使用できるので、賢くお金を使うことができます。

好きな時間で自由に仕事ができる

正社員であれば毎日出勤時刻と退勤時刻が決まっています。

そのため、「今日は用事があるから少し勤務時間を変更しよう」などの調整ができません。

しかし、フリーランスであれば好きな時間に仕事ができるため、自由に仕事のスケジュールを調整することができるので、「今日は早めに仕事に取り掛かって夕方からゆっくりしよう」や「昨日は遅かったから今日は午前中はゆっくりして午後から働こう」といった働き方をすることができます。

また、出社時刻を遅くすることで、首都圏であれば満員電車を避けることができ、快適な時間の使い方ができることも魅力の1つです。

自分でやりたい仕事を選べる

正社員であれば、上司に指示された仕事内容に従わなければなりません。時には、自分がやりたくない仕事や他にやりたい仕事があるにも関わらず上司の指示を優先させなければいけない場合もあります。

一方で、フリーランスであれば自分の好きな案件を選ぶことができるので、やりたい仕事だけをすることができます。

どこにいても仕事ができる

人が密集しているオフィスで朝から晩まで仕事をするというのは、ステークホルダーとコミュニケーションが取りやすいという利点はありますが、やはり窮屈さを感じてしまいますよね。

また、オフィスによっては、空気が籠っていたり、室温が自分には合っていなかったり、隣の人のタバコや汗の匂いがあるなど、不快なことも多いと思います。

しかし、最近ではフリーランスのリモート案件も増えているので、こういったストレスを感じずに済みます。

自宅で落ち着いて作業を進めることもできますし、気分を変えてカフェで仕事をすることもできます。

さらに、住む場所も自由なので、都内の比較的単価の高い案件をこなしながら家賃相場が安い地方に住んだり、海外に済み海外生活を満喫することも可能です。

このように場所に縛られずに自由に仕事をすることができることも、フリーランスエンジニアのメリットの1つです。

プライベートが充実する

フリーランスで業務時間を決めて残業を無くしたり、自宅で仕事をすることで通勤時間がなくなるため、プライベートに時間を使いやすくなります。

そうすることで、趣味に時間を使っても良いですし、家族団欒の時間を楽しんだり、子育てに積極的に関わることができます。幼い年齢の子供とたくさんの時間を過ごすことは、子供の発育にも良い影響がありますし、特に可愛い幼少期の子供と一緒に過ごす時間は自分にとってもその時にしか手に入れることのできないかけがえのない時間になります。

このような、仕事以外の大切なことに時間を使いやすいということも、フリーランスになる利点の1つです。

今すぐフリーランスになる

フリーランスとして成功する人のタイプ

ここまでは、フリーランスエンジニアになるメリットをお伝えしてきました。

では、そのメリットを享受することができるように、どのような人がフリーランスとして成功しているかを述べていきます。

・エンジニアとして経験(スキル)がある

・スキルアップのために行動している

・コミュニケーションスキルがある

・自己管理ができる

当てはまる項目が多い人は今すぐフリーランスになっても成功できるでしょうし、当てはまらない項目があったとしても、気を落とさずに自分も成功できる人のタイプに近づけるように意識することで、フリーランスとして活躍できるようになりますので安心してください。

それでは、1つ1つ説明していきます。

エンジニアとして経験(スキル)がある

まず、未経験者がいきなりフリーランスになることは難しいです。

様々なエージェントサイトで募集されている案件をチェックすると、最低でも1年以上の実務経験が必要な案件ばかりです。

そのため、まだ実務経験がない人は、まずは正社員などで実績を積むことが、最初のステップになります。

1年以上の実務経験があるのであれば、フリーランスとして案件を獲得できる可能性があります。

様々なプログラミング言語がありますが、実務経験年数ごとにフリーランスの平均年収を調査すると、3〜5年で平均年収が900万円、5年以上の実務経験があれば平均年収1,080万円を超える言語が多いです。

さらに、マネジメント経験や要件定義などの上流工程の経験がある場合は、平均よりも収入が高くなりやすいので、マネジメント経験や要件定義などの上流工程の経験があるのであれば、高単価の案件を狙えます。

また、マネジメントや上流工程の経験がない人も、これらの経験を積むチャンスがあるのであれば積極的に手を上げることで、フリーランスになった時に好条件の案件を獲得できるようになりますので、チャンスがあった際はトライすることをおすすめします。

スキルアップのために行動している

ある程度実務経験があったとしても、スキルアップは欠かせません。

使用できる言語やフレームワークを増やしていくことで、開発の幅も広がります。

また、開発に関わる案件の業界・業種について、既に経験や知見がある場合は、単なる開発だけではなくコンサルティングの要素もクライアントから期待されるため、より重宝してもらえるようになります。

好条件の案件を継続することが、フリーランスとして最も活躍しやすい条件ですので、意識的にスキルを磨くようにしましょう。

一方で、単にプログラムを書くことばかりをしていると、大多数のフリーランスエンジニアと同じになってしまい、自身の競争力が弱くなってしまいます。

そして、競争力が弱くなるばかりか低いスキルを維持したままでいると、フリーランスエンジニアの供給は年々増えているため、年齢を重ねるごとに徐々に案件を獲得しにくくなり、再就職しなければならなくなったり、派遣として働かざるをえなくなってしまいます。

このように将来に後悔しなくて済むように、スキルアップを意識して日々の業務に取り組むようにしましょう。スキルアップのための書籍購入やセミナー参加の費用は、フリーランスであれば経費として扱うことができるので、有効活用するようにしましょう。

コミュニケーションスキルがある

ステークホルダーと良好な関係を築き、相手のニーズを理解し業務に反映させるだけのコミュニケーションも重要です。

クライアントに満足してもらえる成果物を制作するためにも、ヒアリングや提案のスキルを磨きましょう。

特に、Webサービスやアプリの画面構築などのUI/UXに携わるエンジニアは、クライアントの要望を聞きつつ、どのような設計やデザインにすればエンドユーザーのユーザービリティが良くなり、市場で受け入れられるかといったところまで提案できるとなお良いです。

コミュニケーションと言っても、飲み会でノリ良く盛り上げたりするコミュニケーションではありませんので、勘違いしないようにしましょう。

あくまで、相手が心地よく感じる聞き方や伝え方、仕事をうまく進めるための思考力が大切です。

自己管理ができる

フリーランスエンジニアは、スケジュールに融通は効きますが、約束を守らないといった時間にルーズな態度では、クライアントの信頼を失ってしまいます。

いくら働く時間が自由になるとは言え、仕事の納期までは自由にならないからです。

気分的に仕事がしたくなくても、仕事以外の誘いがあっても、体調が優れなくても、計画通りに着実にプロジェクトを推進させるだけの自己管理が求められます。

このような自己管理と実行力があれば、フリーランスとしても堅実に仕事を完遂し、クライアントの信頼を得て契約を継続させることができます。

気分屋であったり、誘惑に流されやすい人は、今から自己管理を意識するようにしてください。

今すぐフリーランスにチャレンジする

フリーランスになる前にしておくべきこと

ここでは、正社員の方がフリーランスになる前にしておいた方が良いことを記載します。

・難易度の高い資格を取得する

・3ヶ月程度は収入がなくても生活できるように貯金しておく

・与信が必要な審査を先に済ませておく

・仕事にのみ使用する銀行口座を用意する

これら全てができなくても、できる項目だけでも取り組んでおくと、後々フリーランスとして活動する際に有利に働きます。

難易度の高い資格を取得する

案件を獲得する際に、書類選考や企業面接の際に重視されるのはスキルや実務経験ですが、資格を取っておけばより安心感を与えることができます。

そのため、正社員をしていても余力があるのであれば、次の国家資格を取得しておくと、選考で有利になります。

・情報処理安全確保支援士

・ネットワークスペシャリスト

・データベーススペシャリスト

・プロジェクトマネージャー

特に、プロジェクトマネージャーの資格を取っておくと、プロジェクト管理の業務でも頼りにしてもらえるので、案件の幅が広がるうえに収入も比較的高くなりやすいです。

3ヶ月程度は収入がなくても生活できるように貯金しておく

独立してすぐに仕事が決まるとは限りません。

例えば、エージェントに登録するとすぐに希望の条件にあった案件を紹介してもらえますが、こちらが募集されている案件にエントリーしてスキルシート・職務経歴書を提出して、書類選考に通過してから面接を行い、合否の連絡をもらうまでに1〜2週間ほどかかります。

したがって、独立してから最初の1ヶ月は無収入でも生活ができるように、事前に準備しておいた方が良いです。

また、案件を獲得できたとしても、契約期間が終わり更新せずに新しい案件を探す必要ができた場合でも、貯金があれば落ち着いて次の案件を探すことができます。

ここで、貯金がなく経済的に困窮してしまうと余裕を持って案件を探すことができず、望んでいた条件ではないが収入を得るために契約してしまったり、焦って低い単価の案件で妥協してしまうということが起きてきます。

こうしたことを避けるためにも、緊急事態でも落ち着いて意思決定ができるように、備えておきましょう。

与信が必要な審査を先に済ませておく

フリーランスになって確定申告をしっかりすれば、正社員と同じかそれ以上の与信になることもありますが、フリーランスになりたての場合は、一時的に正社員よりも与信が少なくなりがちです。

そのため、クレジットカード、不動産やローンの審査を通したいのであれば、フリーランスになる前に審査を通しておくことをおすすめします。

クレジットカードは国際的に使用できるVISAともう1種類(アメックスなど)を作成しておくと良いです。急な支出に備えて、クレジットカードの上限は可能な限り引き上げておくと、経費の支払いなどをスムーズに行うことができて良いです。

仕事にのみ使用する銀行口座を用意する

フリーランスになれば確定申告が必要になります。確定申告を行う際に、当該1年間の収支をまとめる必要がありますが、この時にプレイベートとビジネスに使用する銀行口座が同じであれば管理が煩雑になり収支確認が大変です。

そうならないために、ビジネスで使用する口座はプライベートの口座と完全に区別しておき、ビジネス用の口座で仕事に関する入出金の全ての履歴が追えるようにしておきましょう。

ビジネス用の口座を用意して、経理管理ツールと連携させておくことで、自動的に確定申告書類を作成することもできます。これができれば、非常に時間短縮になりますので、仕事上お金のやり取りが多い場合は、経理管理ツールとの連携を検討してみてください。

また、エージェントによっては、節税対策の講義をしてくれるところもあるので、積極的にエージェントの力を借りるようにしましょう。

自由に好きな案件を獲得する方法

ここまでの内容でフリーランスになる準備はできたと思います。

そこで、いよいよどのように案件を獲得していけば良いかをお伝えします!

フリーランスとして活躍しているエンジニアのほとんどが、エージェントを利用しています。

エージェントにサポートしてもらえば、フリーランスでも就職するのと同じ難易度で案件を獲得することができるので、みなさんもフリーランスになる時はエージェントを活用されることをおすすめします。

そこで、ここでは次の項目を紹介します。

・エージェントを使うメリット

・おすすめのエージェント

・リモート案件を獲得したい人向けのエージェント

フリーランスエンジニアの平均年収は862万円(レバテック調べ)で、エージェントと協力すれば、案件獲得はさほど難しくはありません。

エージェントを使うメリット

エージェントを使うメリットはたくさんあります。

例えば、「希望の仕事を見つけてくれる」「炎上案件を排除してくれる」「クライアントとの交渉をしてくれる」「請求業務などを代行してくれる」など、面倒な契約周りを簡単にしてくれ、万が一ミスした時もエージェントが間に入ってくれたりします。

また、エージェントとの面談で自分の市場価値を確かめて、単価を高めるにはどんな技術が必要かを分析することもできます。エージェントから、自分の市場価値を高めるための有益な話を聞くことができます。

さらに、フリーランスとして稼ぐためのサポートを受けられるだけでなく、税務関係のお得な情報を教えてもらえたり、キャリアパスの相談に乗ってもらうこともできます。

これから独立する人は、案件を紹介してもらえるだけでなく、独立するための相談に乗ってもらうこともできるので、非常に頼りになるパートナーになると思います。

次の項目でおすすめするエージェントは、掲載数、掲載案件の質、どれも群を抜いて良いので、ぜひ登録してエージェントと連絡をとってみてください。

稼いでいるフリーランスエンジニアは、たくさんのエージェントに登録して、色々な案件を見比べながら自分の条件にぴったり合った案件を獲得しているので、全て登録するくらいで良いと思います。

おすすめのエージェント

エージェントごとに強みや特徴が異なるので、おすすめのエージェントランキングとそれぞれのエージェントの良い点について言及します。

ランキング1位 ミッドワークス
安定性も捨てがたいエンジニアの方はチェックしてみましょう。年金や保険がネックでフリーランスになる事をためらっている人に、特に向いているサービスといえます。
評価
ポイント1 年金や保険などの社会保険料を半額負担してくれる。
ポイント2 書籍・勉強会費用を毎月1万円まで、交通費を毎月3万円まで支給してくれる。
ポイント3 仕事が決まらなかった場合でも報酬の8割を保証してくれる給与保証制度がある。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 ギークスジョブ
高単価案件の安定した紹介が見込めるのが特徴です。SE、プロジェクトマネージャー、デザイナー、テスターはもちろん様々な職種までカバーしています。15年の支援実績と豊富な案件数が魅力のギークスジョブ。ギークスジョブ経由で仕事が決まり、年収が3倍になった人もいます。
評価
ポイント1 平均年収は840万円以上で、成約率が80%と高い。
ポイント2 東京以外にも大阪、名古屋、福岡など複数に拠点を置いている。
ポイント3 報酬の受け取りは、通常60日のところが25日。

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 レバテックフリーランス

フリーランス斡旋会社の最大手です。実績と信頼がピカイチな会社で、認知度も高く誰もが推薦する1社です。支払いスピードがどこよりも早くサポートも手厚いです。半年毎に開催される感謝祭や勉強会も魅力の1つです。

評価
ポイント1 1次受けの案件がほとんどで報酬がとても高く見込めます。
ポイント2 扱っている求人案件は最多。デザイナー・ディレクター・PM・SEなど。IT系なら基本案件はあります。
ポイント3 支払いが翌月15日と業界最速。

詳細ページ公式ページ

ランキング4位 PE-BANK
北海道〜九州エリアまで、首都圏以外の案件も広くカバーしているため、地方在住の人も登録しておきたいエージェントといえます。福利厚生や健康サポートも充実していて、取引企業との契約内容をすべて公開してくれるユーザーに寄り添ったエージェントです。
評価
ポイント1 エンジニア向けのエージェントの中で、もっとも歴史のある会社。
ポイント2 登録しているエンジニアの平均年収は800万円以上。
首都圏だけではなく地方にも事業所があり、案件を広くカバーしている。
ポイント3 利用する期間が長くなるほどマージンが低くなる。最初は12%で、2年以上継続して利用すると8パーセントまで下がる。

詳細ページ公式ページ

ランキング5位 ポテパン
実務経験がなくても、しっかりとしたスキルがあればエンジニアとしてデビューできるのが、ポテパンフリーランスの魅力です。初心者の方はチェックしておきましょう。

 

評価
ポイント1 エンジニア初心者向けのエージェント。実務経験がなくても応募できる未経験者可の案件がある。
ポイント2 月収100万円以上の高額案件も。
ポイント3 3ヶ月で現場に出れるレベルまで育てる「ポテパンキャンプ」というサービスがある。10万円で受講可能で、ポテパンで仕事が決まれば全額キャッシュバックとなる。

詳細ページ公式ページ

ランキング6位 IT求人ナビ フリーランス
業界最大規模の案件数があり、エージェントに手厚いサポートをしてもらえるので、年収アップした人が多数います。案件紹介だけでなくキャリアアップのコンサルティングもしてもらえるので、キャリアパスを相談したい人にもピッタリです。
評価
ポイント1 2万件以上の業界最大規模の案件数があり、大企業の案件も多い。
ポイント2 業界トップクラスの高単価報酬、低マージン。
ポイント3 フリーランスの支援実績が長く、手厚く親身なサポートが受けられる。

詳細ページ公式ページ

ランキング7位 Tech Stock
スキルが高い人向けのエージェントになります。スキルに自信があり高額な報酬が欲しい人はチェックしてみましょう。また北海道の札幌で活躍するフリーランスエンジニア向けの特集もあるので、北海道の方はチェックしてみましょう。
評価
ポイント1 平均報酬が80万円以上と高め。100万円を超える案件を業界最大規模で保有する。
ポイント2 上流工程の案件も多い。
ポイント3 支払いが翌月15日と業界最速。

詳細ページ公式ページ

ランキング8位 テックビズ
独立経験のあるコンサルタントにフリーランスの立場に寄り添った提案をしてもらえます。また、確定申告を無料で代行してもらえることも魅力の1つです。案件決定率90%超、継続率90%超の優良エージェントなので、ぜひコンサルタントに色々と相談してみてください。
評価
ポイント1 深夜や土日を問わず対応してもらえる。
ポイント2 記帳や確定申告を税理士が一括無料代行。
ポイント3 フリーランスの活動をサポートする人気サービスと数多く提携。

詳細ページ公式ページ

リモート案件を獲得したい人向けのエージェント

常駐ではなく在宅で仕事をしたい人も最近は増えています。そんな人のために、リモートワーク可能な案件紹介に特化したエージェントを紹介します。

リモートであれば、家事や子育て、親の介護とも両立しやすいところも魅力的です。

リモートビズ
リモート可能な案件だけを扱っていて、リモートワークや時短で働けるので、ワークライフバランスを重視したい人はチェックしてみてください。自由な勤務体系を望む人や育児と仕事を両立したい人に人気があります。登録者が参加できる無料のオンラインサロンも魅力的です。
評価
ポイント1 ほとんど全てが直案件なので、高額な収入を確保できる。
ポイント2 リモート案件が豊富にあるので、地方での生活や育児・介護との両立が可能。
ポイント3 登録者限定の無料オンラインサロンを設けており、情報交換が可能。

詳細ページ公式ページ

フリーランスの平均収入と収入を増やす方法

ここではフリーランスとして重要なフリーランス案件の平均収入と収入を増やす方法について言及します。

フリーランスの平均収入

実際に稼げる収入を増やすためには、使用する言語やフレームワークによって平均単価が異なるため、単価が高くなりやすい言語やフレームワークの案件を獲得することが重要です。

このサイト内でも、それぞれの言語ごとの記事をまとめているので、もし気になる方はチェックしてください。

そのうえで、レバテック調べでは、フリーランスエンジニアの平均年収は862万円となっています。

正社員の平均収入よりも、多い金額になっています。

収入を増やす方法

では、フリーランスの平均収入よりも、さらに高い収入を得るにはどうするか。

ズバリ!次の項目に当てはまるものが多い人ほど、収入が高くなりやすいです。

マネジメントの経験がある

・上流工程の開発経験がある

大小様々な規模での開発経験がある

業界・業務知識ごとの専門知識

・たくさんのフレームワークを使える

それでは、1つ1つ解説していきます。

マネジメントの経験がある

マネジメントは、特に責任のある仕事なので、スキルや経験があるエンジニアに任されるます。

したがって、マネジメントに携わった経験は、企業側に高く評価されて、単価が相場よりも10万円ほど高まることがあります。

企業との面接を行う際は、これらの経験をアピールすると実装だけでなくマネジメントも依頼できると認識されるので、この経験がある場合は、企業の面接で積極的にアピールするようにしましょう。

上流工程の開発経験がある

要件定義や基本設計などの上流工程に携わった経験も高く評価され、そのような経験があるフリーランスは単価が高くなりやすいです。

ビジネス的な観点からプロダクトを理解して、技術要件や設計に落とし込めるエンジニアはスキルが高いだけでなく、希少性が高いので高単価案件を獲得することができます。

大小様々な規模での開発経験がある

様々な規模の開発に対応できるようになると、高単価の案件にも手が伸ばしやすくなります。

大規模開発か小規模開発によって、業務内容が変化することもあるので、大小様々な規模の開発に携わることで幅広い開発経験を積むことができ、様々な高単価案件を獲得することができます。

特に、大企業が実施する大規模開発案件は単価が高い傾向があるので、大規模開発の経験を積んでおくと大企業の高単価案件を獲得しやすくなります。

業界・業務知識ごとの専門知識

案件に該当する、あるいは類似する業界・業務知識ごとの専門知識を面接時にアピールすることで、高単価になる可能性があります。

例えば、AI、IoT、SNS、ライブ動画配信などの専門知識があれば、コンサルティング的な要素も含んで企業と関われるため、高単価になりやすいです。

たくさんのフレームワークを使える

複数のプログラミング言語のフレームワークを使用した経験がある方が、企業から高い評価をされやすいです。

言語ごとに、メインで使用するフレームワーク以外にも、余力があれば使えるようにしておくと良いです。

今すぐフリーランスで高収入を得る

まとめ

この記事ではフリーランスエンジニアになって稼ぎたい人に向けて、

・フリーランスに転身するメリット

・フリーランスとして成功する人のタイプ

・フリーランスになる前にしておくべきこと

・自由に好きな案件を獲得する方法

・フリーランスの平均収入と収入を増やす方法

について言及してきました。

ここまでお読みいただければ、

・フリーランスになるメリット

・フリーランスとして成功するために大切なこと

を理解していただけたのではないでしょうか。

きちんとした手順を踏めば、フリーランスエンジニアとして生計を立てることは難しいことではありません。

この記事が、フリーランスエンジニアとして一歩踏み出すあなたのお役に立つことができれば幸いです。

ABOUT ME
Y.M
Y.M
ライター兼マーケターのY.Mです。私もフリーランスとして活動しており、税務面で大変不安を抱えていましたがいざやってみると「なんとかなるもんだ笑」と実感しています。代表や周りのフリーランスSEの方のお話を参考に記事を書きますのでどうぞよろしくお願いいたします。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

ノンズ株式会社というシステム開発会社を経営しております、野々下と申します。元々エンジニアとして働いていて28歳でフリーランスになりました。なった瞬間から月収が2倍で驚きました。フリーランスの魅力や裏側事情、単価交渉のノウハウまでお役に立てれば幸いです!

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

【2021年版】高収入案件が獲得できるエージェント8選!元現役フリーランスエンジニアのオススメ 未経験可の案件もあります!高収入案件を提供しているエージェントさんや初心者が登録すべき安全なエージェントさんをご紹介しております。 数多あるエージェントの中...