言語別の単価相場

【2022年版】Androidのフリーランスエンジニアを大研究!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

Androidのフリーランスエンジニアになりたい人のために、Androidフリーランスを徹底解剖します!

Androidフリーランスの実態

Androidフリーランスの実態がどのようなものなのか、まだフリーランスになっていない方でもイメージしやすいようにご紹介します。

Androidフリーランスと正社員の仕事内容の違い

Androidのフリーランスと正社員で、仕事内容自体が大きく異なるわけではありません。

仕事内容は同じですが、フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決められます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人・収入を上げたい人にはフリーランスは特に向いていると言えます。

週2~3日稼働の案件もあるため、複数の案件を掛け持ちしてさらに収入を増やしたり、休みを多くとるというような働き方も自由に選べることも非常に魅力的ですね。

一方で、会社員の場合、企業に雇用されるという立場なため、具体的な働き方を決定するのは企業側ということになります。例えば、出勤日、就業時間、役職、仕事内容、給与などは基本的に企業側から提示される条件に合わせて働くことになります。

Androidフリーランスの必須スキル

ここではAndroidエンジニアとして、必須なスキルを紹介します。

初級スキル

Androidアプリの開発は、Android StudioJavaKotlin、React Nativeなど様々な言語を使用します。その中でも、まずはコードの書きやすさや可読性で定評のあるJavaを使用することをオススメします。Javaは、人気がある言語ですし、使用シーンも多いため、スキルを身につけておくと良いです。

そこで、Javaを使ったHello Worldから始めてみて、Javaがモバイル上でどのように動作するかを確認しつつ、アプリの画面上に様々な表示を出してみましょう。

こうした経験を積むことで、理解を深めると同時に、Javaを使ったAndroidアプリの開発の面白さを体験することができます。

中級スキル

中級Androidエンジニアは、実際にアプリを作ってみましょう。

Androidのエンジニアはアプリが正しく動作するようにする必要があるので、例えばJavaを活用してアプリを制作し、実装がどうなっているか、デバイスに過度な負荷をかけて熱が発生していないかなど、自分のスキルを確認してみてください。

1つアプリが仕上がったなら、他のアプリも制作してみてバリエーションを広げてみてください。

上級スキル

上級Androidエンジニアは、独自性のあるアプリを制作しましょう。

Androidのエミュレータではなく実機で問題なく動作するアプリを制作しましょう。

また、GooglePlayに審査通過するようなアプリを開発して、市場の反応を見てみましょう。

Githubへのコード公開やアプリ開発の実績を積めば、企業の採用担当者にもアプリ開発ができるAndroidフリーランスだと認めてもらえるので、案件獲得がスムーズになります。

上級スキルを満たしているようであれば、今すぐにでもAndroidフリーランスとして案件を獲得できます。

Androidフリーランスの将来性

Stack Overflow Developer Surveyのリサーチ結果では、Most Popular Technologies(最も人気のあるテクノロジー)で上位にランクインされています。

Androidは、スマホアプリ開発・モバイルゲーム開発・制御/組み込み開発などの現場で親しまれているプラットフォームであり、スマホアプリやモバイルゲームの市場は大きくなっているため、今後もAndroid案件の増加が見込めます。

Androidフリーランスの案件の徹底解剖

Androidフリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

Androidフリーランスの案件数

Androidはスマートフォンで最も使用されているOSですので、Androidフリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのレバテックでは、Androidフリーランス案件が1407件あります。

また、他のエージェントサイトのフリーランススタートでは、4692件ものAndroid案件が紹介されています。

これだけ案件数があれば、案件獲得で困ることはありません。

Androidフリーランスのリモート・在宅案件

Androidフリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

エージェントサイトのレバテックで確認すると、リモート案件が203件見つかりました。

現状では常駐案件の割合が多いですが、一部リモート可能な案件も存在しており、今後Android開発の需要の伸びに応じて、リモート案件が増加することが見込めます。

Androidフリーランスの週3日案件

Androidフリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが、存在します。

こちらもレバテックで調べてみると、Androidの週3日案件が42件あります。

現在、週に3日の案件はレバテックだけで42件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件も存在します。

希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

Android未経験者向けの案件

Androidフリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもAndroidの実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、Androidの実務経験が浅い人でも参画可能な案件は15件あり、求める条件がAndroidの実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

Androidの開発経験が浅い人向けの案件も存在するので、たとえ経験が浅くても臆せず応募してみましょう。

Androidフリーランスの平均収入・単価相場

気になるAndroidフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。正社員の平均年収との比較もしているので、フリーランスになろうか迷っている正社員の方は参考にしてみてください。

Androidフリーランスの平均収入

Androidフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が71.6万円、最高単価が140万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が859万円、最高年収が1,680万円です。

Androidフリーランスの案件では、開発経験が5年以上になると年収1000万以上を得られる可能性があり、他の開発言語に比べても比較的高単価になっています。

また、正社員よりは平均収入が多いので、お金を稼ぎたい人はフリーランスとして案件を獲得することをおすすめします。

Androidフリーランスのフレームワーク別の平均収入

Android案件は、職種ごとにも平均収入が異なります。

再度、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、Androidのフレームワークの月額最高単価は、C言語が102.4万円(年収1,229万円)、Ruby on Railsが94万円(年収1,128万円)、ReactNativeが86.9万円(年収1,043万円)となっています。

下記のグラフを参考にすると、特にC言語、Ruby on Rails、ReactNativeの単価が高額になっていることが分かります。

Android案件で高収入を安定して得たいのであれば、C言語、Ruby on Rails、ReactNativeといった、月額平均単価が高い案件に応募するようにしましょう。

Android正社員の平均収入

Android正社員の平均年収は、求人ボックスがまとめた内容を参考にすると、平均年収525万円となっています。

また、いくつかの転職エージェントサイトを確認すると、30代中旬ごろには平均年収に到達する人が多いようです。

収入面では正社員はフリーランスよりも少ない傾向ですが、収入よりも安定を重視したい人は正社員でいた方が良いでしょう。

Androidの高単価案件を獲得するために必要なこと

Androidフリーランスとして高単価の案件を獲得できる人には、次のスキルや経験があります。

開発マネジメントやレビュー経験

開発マネジメントやソースコードレビューは、プログラミングスキルが高いエンジニアが任されやすいので、開発マネジメントやソースコードレビュー経験があると、単価が上がりやすいです。

要件定義や基本設計などの設計スキル

要件定義や基本設計などの観点からサービスやプロダクトを理解して、技術要件や仕様に落とし込めるエンジニアは、他のエンジニアよりも能力が高く、希少価値があるため、高単価になりやすいです。

デザインスキル

ネイティブアプリエンジニアであれば、エンドユーザーが触れる画面部分の実装が多く、UIデザインなどに配慮した設計を求められます。

また、デザイナーが画面デザインを担当している場合でも、デザイナーの意図を汲み取った実装や画面動作の提案など、日頃からUIデザインのセンスを磨いておく必要があります。

デザインスキルを高めておくことで、チームとしてうまくプロジェクトを推進できるので、単価が高くなる傾向があります。

類似業界・サービス分野の経験(AI、IoT、SNS、ライブ動画配信など)

経験済みの業界やサービスと類似した案件であれば、既に対象の知識があるため、より質の高い仕事をしてもらえると思われます。

そのため、案件の業界やサービスに関する類似技術を使った経験があると、高単価で契約しやすいです。

Androidフリーランスのスキルアップ

獲得できる案件の幅を広げたい人は、新しい技術の活用にも取り組む必要があります。参考までに、いくつか事例を記載しておきます。

KotlinでAndoridアプリを制作する

Kotlinは、2011年7月に登場したJetBrainsが開発したプログラミング言語ですが、2017年にAndroidの開発言語として正式に採用されました。

Javaよりも最近流行りのスタイルで開発ができるため、Kotlinを使用した開発にも取り組んでみましょう。

JavaのAndroidアプリをKotlinに移行する

JavaとKotlinは100%互換性があり、JavaからKotlinに移行することで、様々な利点があります。

利便性における利点としては、Kotlinのデータクラスを利用した方がコードが短く済みます。

デフォルト引数と名前付き引数に関しても、Javaだと引数の違うメソッドを使用する場合は、オーバーロードで実装したりBuilderパターンを活用することが多いと思いますが、Kotlinであれば簡単に実装が可能です。

引数の順序についても、名前付きで呼び出すことができるので、意図しない箇所に値を入れてしまうようなエラーを抑えることができます。

また、Kotlinの拡張機能セットであるKotlin KTXを利用すると、実装しないといけない量を減らすことができます。

次に、安全性についてですが、KotlinはNull安全プログラミングなので、間違ってNullPointerExceptionが発生してアプリがクラッシュするような事態を回避することができます。

これらの利点があるため、JavaのAndroidアプリをKotlinに移行する案件は、これからも一定数存在すると見込めます。

Firebaseを使ったAndroidアプリを制作する

Firebaseは、Firebase社が開発したWebアプリケーションやモバイルアプリケーションのバックエンドで行う機能を提供するクラウドサービスです。

Firebaseは、バックエンド処理を代行してくれるので、サーバ管理や保守が不要になり開発業務に注力することができ、サーバ管理や保守が不要になることで費用を抑えることもできます。

また、アプリ開発に必要な機能が一通り揃っているため、自由に作りたいアプリを制作することができます。

Firebaseを使ったAndroidアプリ開発案件も一定数存在するため、興味がある人は実際にFirebase使用してAndroidアプリを制作してみましょう。

Nuxt+FirebaseのWebアプリを制作する

Nuxt.jsとFirebaseを組み合わせることで、ルーティングを自分で作成する必要がなく、Vuexのストアはオートローディングされ、SSRはデフォルトで対応でき自由に付け外しが可能です。

このように、Nuxt.jsとFirebaseを活用することで、開発を効率化することができるので、試してみると良いです。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。