1限: 基礎知識

フリーランスのための面接のテクニック

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

フリーランスで仕事を受注する場合案件によっては面接・面談が必要になるケースが多くなっています。

この面接で、案件を受注できるかどうかという事が決まってしまう為に、収入を得るためにはとても大切な事だと言えるでしょう。

例えば、緊張しすぎて面接で失敗をしてしまうと、仕事が受注できなくなってしまう為、収入が入らず生活も厳しくなってしまうのです。

面接って上手な人は上手ですが、緊張しやすい人や上がり証の人にとっては何度やってもなれない嫌な物でしかないという事があるのではないでしょうか。

しかし、面接の際に気を付けておくべき事が分かっていれば、面接で緊張する事も、ましてや失敗する事もありませんので、受注できる可能性が高くなるのです。

そこで今回は、フリーランスで働く方が面接に困らない様にするために面接のポイントをご紹介します。

一般的な面接の流れは?

何度も何度も面接を繰り返しているのに、何度やっても面接で上手くいかなという人は、一般的な面接の流れが理解できていないのでしょう。

基本的な流れは以下のようです。
エージェントの人と最寄り駅や先方オフィスで待ち合わせて、部屋に入った後の流れです。

  1. 先方の技術責任者がサービスor会社の話を説明する
  2. 自分が自己紹介+自分が力になれる部分を説明する
  3. 質疑応答を行う(互いに不明点を解消する)

面接の内容は基本的には上記で完了です。いたってシンプルですね。

終わった後はエージェントさんが先方の責任者と少し話して、その後すぐに結果が出ます。
他に候補者がいる場合は、その候補者が面談を受けるのを待つようです。

遅くても1週間以内、早いとその日の夜には結果が来ます。

質疑応答が大切。企業側へも質問しよう

難しいのは2,3(前の段落を参照)だと思います。1番結果に響くのは3の質疑応答で互いの疑問点・不安を解消する時間だと思っています。

スキルシートに書いたことが本当であるか、実際のスキルはどの程度あるのかを会話を通して理解してもらいます。逆に受ける側は、企業側に質問して疑問点などを解消していくことが大切です。

企業側 => 自分への質問

一般的に企業側は人手が足りていなく、案件にアサインを考えているため「本当にアサインして大丈夫な人かどうか」を見られます。よって、何が出来て何が出来ないのかを結構突っ込まれます。

自分のやってきたことを堂々と話したら基本的には受かるので頑張りましょう。

その理由としては、フリーランスの面接に進んでいるということは人材不足で困っているということです。即戦力が欲しく、それに見合った人が来てくれている、という状況ですので普通に自分のやってきたことを言えば基本的には受かります。

例外として、その案件が人気で他に候補者がいた場合は、より技術力のある人か、そのグループにより馴染める人が受かります。

自分 => 企業側へする質問

こちらはあまりフォーカスされないのかもしれませんが、変な案件先を見抜く上で重要です。

エージェントから紹介を受ける会社さんで、エージェント会社からまだ1人も内定者がいない会社へ面接に行くときは特に注意が必要です。

エージェント会社から何人か常駐している人がいれば、その常駐している方から内部事情、特に稼働が安定しているか(残業がないか)、職場の環境はブラックでないか、炎上案件を任せられていないか、を聞くことが出来ます。

しかし、まだ常駐している人がいないと聞くことが出来ませんので自分で聞くしかありません。自分はまだそのような案件に携わったことはないですが注意が必要です。

面接では第一印象が大切だと言うが本当?

面接に臨むにあたって、第一印象が大切だと言われます。
フリーランスの場合、本当でしょうか?

自分のこれまでの経験から言うと、第一印象には気をつけた方が良いがそれで決まるわけでは決してない、です。

正社員の面接・面談だと、第一印象は重要な要素になり得るでしょうがフリーランスの場合はそこまで重要視はされないような気がします。気をつけるに越したことはないですが。

最低限の身なりに気をつけて臨めばなんら問題ないでしょう。

私服OKとなっている場合は、私服で行きますしそこに関して突っ込まれたことは一度はありません。

面談者に気に入られる事も一つの手段

面談者も人間ですから合う合わないという事があります。

また自分と話が合う人には良くしてあげたいという感情が沸いてくるという事もあり得るのです。

例えば今回の面談で受注が貰えなかったとしても、面談者としっかりと向き合い意気投合する事ができれば、今後何かの縁がある可能性だってあるのです。

ですから、面談では手を抜かずに相手の事を観察し、相手に話を合わせる柔軟性も必要になるのです。

もしも面談後も面談者の人と、どこか別の場所でばったりなんてこともありますので、しっかりと面談者の顔と名前を覚えておく事も大切な事だと言えるのです。

このように面接と一言で言っても大切な事は沢山あります。

まずは相手方に良い印象を持たせるという事が面談や面接を有利に進めるテクニックだと言えるでしょう。

ABOUT ME
管理人
管理人
管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。25歳でWebエンジニアに転身、28歳でフリーランスに転身して2年で月収は100万を超えました。現在はその流れや何が要因で月収が上がっていったのかをブログにしています。自分は不器用です。そんな自分が達成出来たので皆さんは絶対に達成出来ます。一人でも多くのエンジニアが幸せになれるよう頑張って書いています。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

あわせて読みたい
現役フリーランスエンジニアがオススメする優良エージェント8選本日は現役のフリーランスである私が本当にオススメする優良エージェントについてご紹介していきます。 ランキングをすぐに見たい方はこちらを...