開業

【2022年版】Flutterのフリーランスエンジニアを大研究!!

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。

Flutterフリーランスの実態

Flutterフリーランスと正社員の仕事内容の違い

FlutterやDartを使ったフリーランスと正社員では、仕事内容自体に大きな違いがあるわけではありません。
基本的には業務アプリケーションやAndroid等のモバイルアプリケーションの開発といったことが主な業務になります。しかし、仕事内容以外の違いは存在しており、フリーランスの場合は、同じ能力でも正社員よりも圧倒的な収入を見込め、自分の単価を自分で決めることができます。また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい方・収入を上げたいという方にはフリーランスは特に向いていると言えます。

また、フリーランスの案件は裁量や自由度が広く、たとえ常駐型の案件であったとしても、正社員と比較すると業務上の制約は少なくなるので、自由に働きたい人にもフリーランスは向いていると言えます。

Flutterフリーランスの必須スキル

Flutterは、Googleがリリースしたアプリケーション開発用フレームワークです。

ここ2~3年の間で米国、中国、インドなどのIT大国を中心に注目を集めており、クロスプラットフォーム対応アプリの開発に関する話題では、常に名前が挙がるような存在になっています。今後もFlutterを扱えるエンジニアの需要は伸びていくと考えられています。

Flutterで使われているプログラミング言語はGoogleが開発したオブジェクト指向言語の「Dart」です。Dartは、強力な型推論や非常に高速な動作を備えた汎用性の高いプログラミング言語になります。

Dartは、Web開発向けの言語として2011年10月に公開され、JavaScriptの代替言語としてWebブラウザへの組み込みを想定されていました。しかし、JavaScriptを完全に代替する存在になることはなく、それから数年間はマイナーな言語として認識されていました。しかし、Flutterが注目されていくに連れ、近年ではDartも再び注目を集めてきています。

Flutterを扱っていこうとする場合、このDartという言語の習得は必須になってきます。

Flutterフリーランスの将来性

Flutterはここ数年で知名度が向上し、まだまだ注目され始めたばかりのツールということもあり、将来性については未知数な部分もありますが、中国・アメリカ・インド等の世界のITをけん引する国で注目されていることから今後は日本を始めとした他の国々でも使われる機会が増えていくと考えられます。

また、他にも今後Flutterの将来性が高いと考えられる理由には以下のようなものがあります。

GoogleのFlutterへの注力

2020年9月、GoogleがGoogle PlayをFlutterで書き換えたという発表がありました。開発元であるGoogleの注力ぶりから、今後Flutterの人気は上がっていくと予想されます。

また、2021年3月にはGoogleからFlutterの新バージョンである「Flutter2」が公開されました。Flutter2では、ワンコードでiOS・Androidのモバイルアプリ、Windows・Mac・Linuxのデスクトップアプリ、Webアプリ、組み込みデバイスのアプリ生成までをもカバーすることができます。

これまでも「Kotlin Multiplatform」等のクロスプラットフォームに対応した言語・ツールはいくつもありましたが、Flutterのように汎用性の高いツールというのは稀です。Flutter2ならば、理論上はモバイル向けアプリケーションや業務アプリケーションに加え、IoTデバイス向けアプリケーションにまで対応できることになります。これは現存しているほぼすべてのプラットフォームに対応可能と言っても過言ではありません。

マルチデバイス、クロスデバイス環境の浸透

最近ではスマートフォン・タブレット・PC・ゲーム機・IoTデバイスなど複数の環境で同じアプリケーションを使うことがだんだんと普通になってきています。こういった利用形態を「クロスデバイス」「マルチデバイス」と言います。

クロスデバイスやマルチデバイスでは、デバイスとOSの固定化が問題になりがちです。デバイスとプラットフォームの組合せが固定化されている場合、デバイスをまたいでアプリケーションを利用すると、プラットフォームごとにデザイン・描画などの差が出てきてしまう事があります。

「PCでは表示されるボタンが、スマートフォンやタブレットでは表示されない」といった細かいことであっても、ユーザーの利便性を低下させることに変わりはありません。生活の中で複数のデバイスを当たり前に使う現在では、プラットフォームの差を気にせずに利用できることが重要になってきているのです。

ワンコードと独自UIによって、クロスデバイス・マルチデバイスへ容易に対応できることから、Flutterの将来性はとても高いと言えます。

フリーランスの案件の徹底解剖

Flutterフリーランスの案件には、どのような案件があるのかを特徴ごとに紹介します。

Flutterフリーランスの案件数

Flutterフリーランスは、アプリ開発案件が増えてきており、フリーランスの案件はたくさんあります。

大手エージェントサイトのフリーランススタートでは、Flutterフリーランス案件が216件あります。

エージェントサイト フリーランススタート:https://freelance-start.com/jobs/skill-454ただし、まだまだFlutter自体が注目され始めたばかりというころもあり、Go言語等の他の言語やフレームワークの案件と比べると案件数自体はまだそこまで多くないようです。

Flutterフリーランスのリモート・在宅案件

Flutterフリーランスの案件には、リモート・在宅の案件も存在します。

こちらもエージェントサイトのフリーランススタートで確認すると、リモート案件が90件見つかりました。


エージェントサイト フリーランススタート:https://freelance-start.com/jobs?&skill=454&work_style=2

最近は、クラウドで稼働するWebシステムが増えていることもあり、自宅で作業することが以前よりも容易になっています。こうした背景があることもあり、フリーランスのリモート・在宅案件は徐々に増えています。

Flutterフリーランスの週3日案件

フリーランスの週3日の案件は、週5日の案件数よりは少なくなりますが存在します。

こちらもフリーランススタートで調べてみると、Flutterの週3日案件が25件あります。

エージェントサイト フリーランススタート:https://freelance-start.com/jobs?&skill=454&business_day=2

現在、週に3日の案件はフリーランススタートだけで 件あり、他のエージェントでも確認できでいますので、短時間で働きたい人に適した案件もわずかに存在します。
希望者は、エージェントの方に伝えていくつか案件を紹介してもらいましょう。

Flutter未経験者向けの案件

フリーランスの未経験者向け案件を探してみたところ、少なくてもFlutterの実務開発経験が必要な案件がばかりでした。

しかし、大手求人サイトindeedを参考にすると、Flutterの実務経験が浅い人でも参画可能な案件は23件あり、求める条件がの実務経験が1年以上という案件も少数ながら存在しました。

求人サイト indeed:https://jp.indeed.com/%E6%B1%82%E4%BA%BA?q=Flutter+%E6%9C%AA%E7%B5%8C%E9%A8%93&jt=commission

Flutterフリーランスの平均収入・単価相場

ここからは気になるFlutterフリーランスの平均収入や単価相場について記載します。フリーランスになろうか迷っている正社員の方も是非参考にしてみてください。

Flutterフリーランスの平均収入

Flutterフリーランスの月間収入は、フリーランス案件紹介サイトフリーランススタートを参考にすると、平均単価が73.5万円、最高単価が160万円となっています。

年収に換算すると、平均年収が882万円、最高年収が1920万円です。

参照:https://freelance-start.com/jobs/skill-454

Flutterフリーランス案件の平均単価は、フリーランスのエンジニアの平均単価と近い金額になっています。これから需要が高まってくることも考えると早めにエンジニアになっていると平均以上の高単価で案件を受けることも可能化もしれません。

Flutterの高単価案件を獲得するために必要なこと

大小様々な規模での開発経験がある

大小問わず、様々な規模の開発に対応できるようになると高単価の案件にも手が伸ばしやすくなります。

どのくらいの規模の開発案件かによっても業務内容が変わってくることがありますが、大小様々な規模の開発に携わって幅広い開発経験を積むことができれば、様々な高単価案件を獲得することができます。

特に大手の企業が立ち上げる大規模開発案件は単価が高い傾向があるので、大規模開発の経験を積んでおくと大企業の高単価案件を獲得しやすくなります。

具体的には、JavaScript等を使用した大規模webサービス開発やパフォーマンスチューニングの経験があると、高報酬案件を獲得しやすくなるので、このような経験を積むことがオススメです。

上流工程の開発経験がある

要件定義や基本設計などの上流工程に関わった経験もあると高く評価されます。そのような経験があるフリーランスエンジニアの単価は基本的に高くなりやすいです。

ビジネス的な観点からプロダクトを理解して、技術要件や設計を組めるエンジニアはスキルが高いだけでなく、市場価値が高い人材として高単価案件を獲得することができます。

業界・業務知識ごとの専門知識

案件に該当する、あるいは類似する業界・業務知識ごとの専門知識があると高単価案件に繋げられます。

例えば、AI、IoT、UI/UXなどの専門知識があれば、コンサルティング的な要素も含んで企業と関われるため、高単価になりやすいです。

ABOUT ME
管理人
管理人
現役トップフリーランサー&システム開発会社経営。2年で月収20万から100万を達成。日本中どこでも仕事が出来る環境と時間を手に入れました。 月収100万超えになるためにノウハウを公開中です。Twitterで日々のフリーランス生活を発信中。フリーランサーの裏話も大公開。フリーランスになるだけで年収は倍になります。今すぐフリーランス転身をおすすめします。