6限: メンタル

ITフリーランスはプレッシャーがある?結果が出なかったら?

The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。大学は電気工学科を卒業。25歳から本格的にWeb業界の道に踏み込みました。28歳の月収は30万でしたがフリーランスに転身し月収60万に。その後2年で月収100万を達成。現在は業務委託が1社と3つのサイトを運営している31歳です。『動けば必ず成果は出る』と信じています。

「プレッシャー」というものはあります。

特にITフリーランスは平均年収が801万円というだけあって
プレッシャーが無いわけがありません。

正社員の方にプレッシャーが無いのかと言われればそんなことは
もちろん無いのですが、ではどちらがありましたか?と聞かれたら、

フリーランスの方があります。ありました。

プレッシャーはあるが成長スピードはロケット級

私はプレッシャーには良し悪しがあると思っています。
そして、良しは、悪しを補う以上の良しがあると思っています。

【悪い面】は、辛いということ。肉体的にも精神的にも辛いですよね。
食欲が上がらなくなったり調子を崩しがちになります。

逆に、

【良い面】は、正社員の時と比べ物にならないくらい、ロケット級の成長スピードが
そこにあるということです。

これはとてつもないメリットです。

 

なぜか?

それは、成長すれば成長するほど自分の技術力が上がっていきそれに比例して単価が上がるからです。

これは紛れもない真実です。

このお陰で私は、フリーランスになって2年満たない間に
年収が720万から1200万
まで向上しました。

結果が出るか心配。この気持ちは捨てる。捨てる。捨てる

「結果が出るか心配」で立ち止まっている方がいるとしたら、
それはすぐに捨ててください!

「結果が出るか心配」だけど「年収を上げたい」で止まっている人は
考えてみてください。

年収を下げている原因が「結果が出るか心配」で行動できない自分自身です。
年収がある人は行動しています。

そして、行動すれば必ず結果は出ます

そういうものです。

ABOUT ME
管理人
管理人
管理人&現役のフリーランサーです。大学は電気工学科を卒業。25歳から本格的にWeb業界の道に踏み込みました。28歳の月収は30万でしたがフリーランスに転身し月収60万に。その後2年で月収100万を達成。現在は業務委託が1社と3つのサイトを運営している31歳です。『動けば必ず成果は出る』と信じています。
フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?
The following two tabs change content below.
管理人

管理人

管理人&現役のフリーランサーです。大学は電気工学科を卒業。25歳から本格的にWeb業界の道に踏み込みました。28歳の月収は30万でしたがフリーランスに転身し月収60万に。その後2年で月収100万を達成。現在は業務委託が1社と3つのサイトを運営している31歳です。『動けば必ず成果は出る』と信じています。

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

あわせて読みたい
現役フリーランスエンジニアがオススメする優良エージェント8選本日は現役のフリーランスである私が本当にオススメする優良エージェントについてご紹介していきます。 ランキングをすぐに見たい方はこちらを...