フリーランス転身で失敗しないために必要な
理想のクライアントの探し方とは?

ITエンジニアが初めてフリーランスに転身する際、実はエージェントを活用するのが一般的です。私も今でも利用しています。

その理由は、始めのうちはクライアント様との契約が大変難しいからです。自ら営業する必要があり、契約書関連を全て1人で行っていかなければならず時間と手間がかかってしまうからです。費用対効果を考えた時にエージェントを利用した方が効率が良いです。

また、万が一見つけられたとしてもそれが適切な単価であるかどうかの判断が難しいのと、単価交渉も最初はハードルが高めです。

エージェント経由で探すメリットとしては、スキルシートの書き方から面接の指導、クライアント様の紹介から面談設置まで行ってくれます。また働き始めた後も労働時間の確認や単価交渉など手厚いサポートを受けることができます。

デメリットとしてはエージェント側にマージン(手数料)を抜かれます。私はそれを抜かれたとしてもメリットの方が大きいと感じますが、デメリットが大きいと感じられる方は自分で探してみるのも手でしょう。

まずは以下のページでどんなエージェントがあるのか、特徴などまとめていますので見てみてください。自分に合ったエージェントが見つかりフリーランスをスムーズに始められることを心から応援しております!

【2021年版】高収入案件が獲得できるエージェント8選!現役フリーランスエンジニアのオススメフリーランスで平均年収800万円以上は簡単 みなさんは、フリーランスはハードルが高いと思っていませんか? エージェントにサポート...
ABOUT ME
管理人
管理人
フリーランス学校の管理人です。私は25歳からWebエンジニアをしており、3年の経験を経て28歳でフリーランスになりました。フロントエンジニアで自信が無かったですが2年で月収100万円を達成しました。フリーランスの魅力や裏側事情、単価交渉のノウハウまでお役に立てれば幸いです。質問等ありましたら気軽にお問い合わせください。